高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【知ってた?】高血圧の食事にカリウムは関係している?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧人にカリウムは大事

高血圧の人の食事療法で、一番先に出てくるのが減塩だと思います。塩分だけ控えれば、他は気にしなくていいと思っている方は間違いです。血圧を上げる原因となる塩分の量を控えるのは当然ですけど、同時にカリウムを不足しないようにする必要があります。そのカリウムはどんな効果があって、食事の中にどうやって摂っていけばよいのか説明させて頂きます。

 

カリウムと血圧の関係

バナナにはカリウムが豊富で手軽に食べられます

カリウムは必須ミネラルの一つです。このカリウムは浸透圧の維持や腎臓でもナトリウムの再吸収を抑える働きをしてくれています。カリウムが不足すると血液濃度を一定にしようとナトリウムが水分を取り込んでしまいます。カリウムとナトリウムはお互いに丁度良いバランスをとって、血圧を調節しています。カリウムは腎臓からのナトリウムの再吸収を抑えてくれています。カリウムは筋肉や神経の働きを正常に保つ働きもあるので、不足すると不整脈なども出てきます。

 

食事でカリウムを摂るには

ほうれん草にはカリウムが豊富に含まれています

カリウムが不足しないように食事で摂っていく必要があります。カリウムが含まれている食品は、野菜や果物に多く含まれていほうれん草、小松菜、アボガド、バあナナ、イチゴ、柿、キウィフルーツなどに多く含まれています。カリウムの必要な摂取量は成人男子で2500mg、成人女子で2000mgになっています。一番気軽に年中食べられるバナナは100g中に360㎎含まれています。食事の中で野菜を取り入れて不足分を、バナナなどの果物で摂るようにしていくと不足する心配はありません。

カリウムは熱に弱く、水に溶けやすいので野菜を調理するときは注意が必要です。ホウレンソウなど長く茹でてしまうと、ゆで汁に半分以上が流れてしまいます。野菜で摂るときは、加熱時間を短くしてスープで食べると効率よく摂ることができます。カリウムを摂るからといって、減塩をしていないと意味がないので、減塩を合わせてカリウムを摂るようにしましょう。

 

味の濃いものを食べた後は、喉が渇いて水分をゴクゴク飲んでしまいます。これがお酒の場合だと量も増えてしまいますね。これは、塩分を摂りすぎて、身体の中の塩分濃度を薄めようとしているからです。けれども、高血圧の人の場合は水分を多く取り込んで循環血液量が増えてしまうと血圧が上がってしまいます。ナトリウム自体にも血圧を上げる作用があります。高血圧の人にとっては、余分な塩分は大敵です。カリウムを食事で不足しないようにして、高血圧の予防をしていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン