高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧だと鼻血が出やすいって本当?関係性と対処法は?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧だと鼻血がでやすい

鼻血は子供の頃など、誰でも一度は出た経験があると思います。粘膜や器官が大人に比べて未熟なために出てしまいます。大人になると回数も少なくなるのが普通です。でも、花粉症や風邪の季節になると鼻をかむ回数が多くなり、鼻の粘膜が傷ついて鼻血がでやすくなってしまいます。そういう場合の鼻血は量もすくなく、すぐに止まると思います。でも、なかなか血が止まらない、頻回に鼻血が出るというときは高血圧が原因かもしれません。その高血圧と鼻血の関係について説明させて頂きます。

 

鼻血の種類

高血圧と鼻血の種類

鼻血には単純性出血と動脈性出血に分かれます。単純性出血は、鼻を触りすぎた時、鼻をかみ過ぎた時によく出るものです。鼻の粘膜の毛細血管から出血し、量もそれほど多くなく、止血すればすぐに止まります。動脈性出血は鼻の奥の太い血管(動脈)が傷ついて出血します。量も多く、すぐに出血が止まらないのが特徴です。止血してもすぐに止まらない場合は、受診した方が良い場合もあります。高血圧が原因で鼻血がでる時は、この動脈性出血になります。

 

高血圧と鼻血の関係

高血圧で出る鼻血は動脈硬化が原因

高血圧になると、動脈硬化が原因で血管の強度が弱くなり、傷つき出血しやすくなっています。鼻の奥の血管も毛細血管までは細くありませんが、細い血管のため出血しやすくなっています。それが、興奮、緊張、のぼせ、飲酒などで血圧が上がった状態になり、血管に圧がかかって出血してしまいます。この時の出血は量も多く、なかなか止まりにくくなります。頭痛を伴うことも多いようです。動脈硬化が進んでいると血圧の変動も大きく、すぐに上がり易くなります。血圧を測って、自分の血圧を把握しておくと自己で意識してコントロールできます。高血圧で血液をサラサラにする薬を飲んでいる人は、止血に時間がかかり、量も多くなります。止まらない場合は受診することをお勧めします。

 

鼻血がでた時の対処法

鼻血が出た時は、鼻の上の辺り、目と目の間より下の部分を抑えて静かにします。上を向くと喉に血が流れ込み、嘔吐することがあります。動脈性出血の場合は、止血に時間がかかることがあります。完全に止まるまで安静にしておきましょう。出血が止まらない時、血圧が下がらないときは受診しましょう。

 

鼻血と思って簡単に考えていると、病気が隠れていることがあるので要注意です。高血圧によって起こる動脈硬化は全身の血管に起こります。血圧をコントロールして動脈硬化の進行を少しでも抑えるようにすることが大切です。普通は大人になると鼻血が出ること自体が少なくなります。頻繁に出るときは一度受診して精査したほうがいいかもしれません。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン