高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の人の食事献立で気を付けるべきこと!

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の人の食事では野菜を多く摂りましょう

高血圧の家族や自分の食事を考えるときに、何を注意して作ればいいのか考えてしまいます。高血圧=減塩と誰もが考えてしまいます。減塩は大切なポイントです。けれども他にも血圧を上げない為には、他に意識して献立に取り入れてほしいものがあります。また、カロリーも取りすぎてしまうと肥満になり、動脈硬化の原因になってしまいます。減塩だけではない高血圧の人の食事献立で気を付けなければいけないことをご説明していきます。

 

血圧を上げない献立

高血圧の食事献立は減塩が大きなポイントです

高血圧の人の食事では血圧を上げない献立にすることが一番大切です。その大きなものが減塩になります。調理の時に使う塩だけでなく、調味料、加工品など塩が入っているものは多いのです。味噌汁の塩分も多く、納豆についているタレも塩分は多く含まれています。カルシウムは血管を収縮させる働きをします。マグネシウムは拮抗してバランスを取りながら血圧を維持する働きをしています。大豆や納豆には両方含まれています。

  • 味噌汁は1日に1回のみにするようにしていく。
  • 納豆は添付のタレを使わないようにする
  • 醤油やソースを掛けなくいていいようにスパイスを使うようにする
  • 生野菜はお酢を使うようにしていく

減塩を意識する時には、最低これだけは守るようにしていけば塩分を減らすことはできます。減塩の他にも余分な塩分を体の外に出してくれるカリウムを含む食品を忘れてはいけません。カリウムは果物や野菜に多く含まれています。熱に弱く水に溶けやすいので調理の時は、スープかサラダにするのがお勧めです。多く含む食品がパセリ、ほうれん草、大豆、モロヘイヤ、アボガどです。果物は加熱せずにすぐに食べることができるので、デザートや時間のない朝食に入れていくのもお勧めです。果物はプルーン、バナナ、柿、メロン、キウイフルーツです。果物はビタミンなども豊富などでデザートには欲しい一品です。

  • ほうれん草の卵とじやスープ
  • 納豆の梅和えを小鉢でいれていくといいですね。

動脈硬化の進行を抑える献立

動脈硬化の進行を抑えるためには、野菜を多く摂りカロリーや脂質を抑えることが大切です

高血圧の人は、動脈硬化を進行させないように注意しなければいけません。肥満、脂質代謝異常、糖尿病は動脈硬化を進行させます。カロリーと脂質も抑えたメニューにするのがお勧めです。また、果物でカリウムを摂るときには糖分の摂り過ぎに注意してください。また、甘いものが好きな人は注意が必要です。糖分で使われないものは、最終的に脂肪になってしまいます。

  • 揚げ物から焼き物
  • 肉から魚に献立を変えていくと抑えることができます。魚も醤油をかけないで酢を使っていきましょう。

 

高血圧の人の食事献立で注意することは、減塩、カリウム、カロリーと糖、脂質を抑えた献立作りこんになります。揚げ物の好きな人には量を少なくしたり、他の献立でカロリーを抑えて調節することが必要です。薄味が基本ですが多く摂ってしまうと意味がありません。大鉢に入れて出してしまうと食べすぎてしまうので、一人分に分けて食事の時に出すようにすると食べすぎ防止になります。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン