高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の人がお酒を飲む上での注意点!

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の人がお酒を飲むときの注意

高血圧だといろいろ食事も制限されてしまいます。煙草もだめ、ならお酒も全く飲んだら駄目なのかと思っていませんか。もちろん飲み過ぎは血圧を上げてしまいますが、昔から百薬の長と言われているように少しの量で注意して飲めば大丈夫なのです。では、どのくらいまで飲んで大丈夫で何を注意すればいいのか、今から説明させて頂きます。

 

アルコールの血圧へ影響

アルコールが血圧に与える影響

アルコールの作用は複雑で心臓の働きを強くも弱くもします。血圧も上げたり下げたり両方の働きをします。飲酒をすると一次的に血圧は下がりますが、その後で血圧は上昇しやすくなります。晩酌をすると夜の血圧は下がりますが、起床時血圧は通常よりも高くなってしまいます。お酒を飲むと顔がすぐ赤くなりやすい人、遺伝的にアルコールを分解する酵素が少なく、アセトアルデヒドという物質が血液中に増え、血管を拡張するためだといわれます。こういう人は飲酒後の血圧が下がりやすくなります。

こういう人が高血圧をもっていると血圧の変動が大きくなる可能性があります。血圧が上がる原因として、血管の収縮が高まり、心拍数の上昇、交感神経への刺激、利尿作用によって腎臓からマグネシウムやカリウムなど血圧を下げる物質も排出されるのが挙げられています。また、お酒と一緒に食べるつまみの塩分やカロリーも原因になっています。

 

血圧に影響を与えない飲み方

高血圧の人が飲酒をするときは、適量を守り飲み方に注意することが大事です

お酒も少しの量なら血圧に影響はなく問題はありません。そのアルコールの量は男性で1日に20〜30mlです。日本酒で1合、ビール 中瓶1本、焼酎半合、ワイングラス2杯、ブランデー ダブル1杯程度です。この飲酒量を超えて飲んでしまうと血圧が高くなり、飲酒の量と時間が長くなるほど血圧も上昇することが報告されています。空腹時の飲酒は避け、食事と一緒にゆっくりと飲むようにしましょう。また、アルコール濃度の高いものは薄めて飲み、入浴前の飲酒は血圧の変動が大きくなるので避けます。寝酒は眠りやすくなるように思いますが、眠りが浅くなり睡眠の質を下げてしまいます。おつまみの塩分とカロリーの摂り過ぎには注意が必要です。お酒は適量を守ればリラックス効果もあるために、プラスの方向に働いてくれます。

 

お酒の飲み過ぎは身体に良い影響はありません。高血圧の人は特に適量を守って注意して飲むことが大切です。量と飲み方を守れば飲んでも大丈夫なのでお酒好きな人でも守れます。お酒の量を少なくして、塩分の多いおつまみを食べてしまっては意味がありません。おつまみの塩分カロリーも気を付けましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン