高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【知ってた?】高血圧の薬に副作用はあるの?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の薬に副作用はあるのでしょうか

高血圧の薬を飲み出してから、立ちくらみ、動悸がするようになった。この症状は高血圧の薬を飲みだして、急に血管が拡張するためにおこる症状と言われています。高血圧の薬、降圧剤には血管を拡張して血圧を下げていくために起こります。大体は2.3カ月で身体も慣れてくるので落ち着くといいます。他にも降圧剤には副作用がありますか、個人差があります。その副作用について今から説明させて頂きます。

 

降圧剤の一般的な副作用

血圧を下げる降圧剤の仕組みは、血管を拡張して圧を下げる、交感神経の働きを抑えて上がらないようにするようになっています。急に血管が拡張するために、身体が最初は慣れずにめまい、動悸、立ちくらみなどの症状が起こります。多くは1日に2.3回に分けて降圧剤を飲む人に起こり易いと言われています。2.3カ月経つと体も慣れてきて、このような症状はなくなるといわれています。そのために、最初は少ない量から内服していくのが基本となっています。血圧を下げるために、交感神経、血管、心臓、腎臓など体全体に作用して血圧を下げていきます。その作用が、持病を悪化させる可能性がある場合もあるので、いろいろな降圧剤を組み合わせて処方されるのがほとんどです。

 

降圧剤の種類別の副作用

どの降圧剤にも副作用はあります

カルシウム拮抗薬

アムロジピン、ヘルペッサーなどです。強力な降圧作用があり、血管拡張作用も強いといわれています。心臓の平滑筋にも作用するので、心不全の人は心機能が低下してしまうので使用しません。血管拡張作用で顔のほてり、足のむくみなどの症状がでることがあります。

レニン・アンジオテシン系抑制薬(ARB)

バルサルタン、カンデサルタンなどです。交感神経に働いて血圧を上げないようにする薬です。比較的、副作用は少ないと言われています。身体の水分が減っているとき(脱水、食べられない時など)に服用すると血圧が下がりすぎることがあるので、医師に確認が必要です。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬でも同様です。この薬の場合は、3〜4割の人に空咳など度副作用がみられます。

α遮断薬

カルペジロールなどです。交感神経に作用して血管の収縮を抑えます。使い始めに強く効果が出やすく、少量から服用していきます。効果が出過ぎると立ちくらみ、心拍出量も増加するので心臓に持病のある人には使われません。

利尿薬

エプレノン、スピロノラクトンなどはナトリウム排出を促していきます。一緒にカリウムが多く出てしまうと低カリウム血症、またカリウムを保持する薬の場合は高カリウム血症を起こすときがあり、不整脈の原因になります。アセプトロールは心拍数を減らして血圧を下げていきます。そのために徐脈のある人には使われません。気管支ぜんそくなyども誘発されやすいといいます。

降圧剤の副作用

高血圧の薬は、血管や心臓などに作用していきます。そのために、その効果が悪影響を与えないように降圧剤を処方しています。持病のある人は医師に伝えないと持病が悪化してしまう場合もあります。一般的な副作用は2,3カ月で無くなりますが、おさまらない場合、症状がひどい場合は医師に相談してください。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン