高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の原因はアルコール?お酒は悪影響なのか?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧,原因,アルコール

高血圧になると何かと制限されることが多くなってしまいます。お酒も辞めなければ行けないのかと心配に思っている方も多いはずです。よくお酒は百薬の長といわれていますけど、高血圧にはどんな影響があるのでしょうか。お酒の高血圧に及ぼす影響をご説明させて頂きます。

 

アルコ―ルの働き

お酒は健康にはいい?

アルコールは、適量を飲む場合は健康にも良い働きをします。リラックス効果がだけでなく、善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす、血液をサラサラにする、また、利尿作用もあり血圧も一次的に下がることは証明されています。その反対に、出血しやすくなり、不整脈を誘発しやすい、多量の長年の飲酒は肝硬変、糖尿病、腎臓病の原因になるとことも言われています。一概に、アルコールは良くないというわけではなく、適量ならば、逆に良い効果が得られるようです。

 

血圧への影響

適量のアルコールならば血圧は、上がらないと言われています。逆に一時的に下がることが証明されています。これは、アルコールが代謝される過程ででるアセトアルデヒドという物質が、血液中に増えて血管を拡張するためだといわれています。お酒を飲むと顔が赤くなる人ほど、血圧は下がりやすくなります。顔が赤くなる人は、生まれつきアルコールの代謝に関係する酵素の働きが弱いのが原因のようです。この効果は一時的なので、持続して血圧が下がるわけではありません。逆に適量を超えた飲酒を長く続けると血圧が上がる傾向にあり、血管の収縮反応が亢進され、心拍数も増えます。脳梗塞も少量の飲酒の場合は予防になりますが、多量になるとリスクが上がります。

適量のお酒は健康にいい

 

適量とは

では、どのくらいの飲酒ならいいのでしょう。適量とはどのくらいはご存知ですか?適量と言われているのは、ビールなら中瓶1本、日本酒 1合(180ml) 、焼酎0.6合(110ml)、ウィスキーダブル1杯、ワイン1/4本、缶酎ハイ1.5缶です。適量を超えて、アルコール含有量30ml飲むごとに、血圧が3mmhg上がると言われています。適量から1杯、1缶増えるごとに上がっていく計算になります。

 

お酒は適量なら健康にも良いのですが、適量をこえるとデメリットの方がおおくなります。お酒の悪い影響の一つにはお酒のカロリーの摂り過ぎ、また、一緒に食べるつまみのやカロリーで肥満や食塩の摂り過ぎなどが挙げられています。適量のお酒でも空腹時はさけて、塩分やカロリーは控えめにすると問題ありません、お酒が大好きなかたは、自分の飲酒量を適量にすると長くのむことができます。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン