高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の人がバナナを食べるべき理由は効果にあり

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧,バナナ

高血圧の人は、食事指導で減塩と一緒に、果物や野菜を食べるように言われます。それは、血圧を下げる効果のあるカリウムやマグネシウム、食物繊維、ビタミンなどが豊富に含まれているからです。でも、調理の手間がi かかるものは面倒なので、なかなか摂れないですよね。バナナが手軽でカリウムも含まれているのでお勧めです。そのバナナの効果について説明させて頂きます。

 

バナナの栄養分と血圧の関係

バナナが高血圧にいい理由

 

バナナにはカリウムが多く含まれています。カリウムは身体の中の余分な塩分を外に出す働きをしてくれます。塩分が体の中に多く溜まると、血中濃度を一定にするために水分を取り込んでしまい血圧がる原因になります。それをカリウムが調節しています。他の果物に比べて、バナナは圧倒的に多いのです。リンゴが100g中に110gに対して、バナナは360mgもあるのです。また、血管を広げて血圧を下げてくれるマグネシウムの量もバナナは多いのです。他にもB2も豊富なので、動脈硬化の予防にもなります。ストレスも血圧を上げてしまいます。精神を安定するのに必要なトリプトファンがあり、ストレスを軽減してくれます。食物繊維も豊富でコレステロールの低下や便秘の予防になります。バナナは高血圧に、とても効果のある食べ物といえます。

 

バナナを食べる理由

バナナにはカリウムが豊富で手軽に食べられます

カリウムは、とても水に溶けやすいので茹でたり、煮たりすると溶け出してしまい、身体の中に入る量が減ってしまいます。バナナは加熱しないで、そのまま食べることができるのも理由の一つです。他にも、皮をむいて食べるだけなので、リンゴの様に皮をナイフで向く必要もありません。野菜の様に調理する手間もいらないからです。また、価格も安く安定てしていて、スーパーでも年中買うことができます。朝食を食べる時間がないときでも、すぐに食べることができます。バナナはいろいろな理由からお勧めです。

 

余分な塩分を体の外にだしてくれるので、減塩はしなくていいという訳ではありません。また、バナナの食べすぎもよくありません。1日1〜2本を目安に摂れば十分です。減塩と運動、また薬を合わせてカリウムやビタミンなどを摂っていくことが血圧を下げるためには必要です。バナナばかり毎日だと飽きてしまうという方は、ヨーグルトやスムージで味を変えて摂っていくのをお勧めします。他の果物や野菜で食べても、もちろんOKです。焼きバナナにするとオリゴ糖が、冷凍バナナにするとポリフェノールが増えるそうです。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン