高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血圧計の測り方をご紹介、ミスのない測り方をしよう

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

血圧計の測り方をご紹介、ミスのない測り方をしよう

血圧は病院などで測ると緊張して血圧は高くなってしまいます。そのため、リラックスした状態で測る「家庭血圧」はとても大切です。朝と寝る前に測るのがいいでしょう。その測り方は適当にカフを巻いて測っていませんか?動いた後に測っていませんか?間違った測り方をしていたら正しい数値がでません。それでは血圧を測っても意味がなくなってしまいます。正しい数値を出すための血圧の測り方を今回はご説明させていただきます。

 

血圧を測る時間とポイント

血圧を正しく測る

血圧を測る時間は、同じ環境、同じ条件で測るようにするのが大切です。基本は朝と夜の2回です。朝起きて1時間以内、朝食前、薬を飲む前に測ってください。夜は寝る前に測るようにします。

血圧を測るときのポイントは、毎日同じ時間、環境で測るようにする。食事、入浴、飲酒、喫煙の直後は血圧が上がるので避ける。トイレを我慢していても血圧が上がるので、済ませて落ち着いてから測るようにします。室温は適温にして測ります。動いた後の測定は避けて、5分程度して落ち着いてから背もたれのある椅子に座って測るのが、正しい測り方です。

 

測定方法

血圧を正しく測りましょう

上腕式の血圧計の測定方法で説明させて頂きます

  1. 背もたれのある椅子に、足を組まないようにして座ります。
  2. カフを心臓の高さに合わせて巻きます。指が1本入る程度のゆとりを持たせてください。カフの位置が心臓より高いと低くなり、心臓より低い位置だ血圧が高めにでます。長袖で袖を上に上げた時に、圧迫してしまうときは、測定する腕の袖は脱ぐようにしてください。
  3. 測定中は、動いたり話をしたりしないで静かにします。加圧は、最初は一般的な数値を目安にしてあげていきます。血圧が高い人の場合は測り直しになることが多いです。
  4. 2回測って平均値が血圧の数値になります。誤差が大きい場合は、測り方が悪いと思ってください。

手首式の血圧計は、セットする手の向き、カフの位置など各機種の説明書を確認してください。

記録の仕方

血圧手帳には、血圧の平均値の記録、心拍数、を記入していきます。体調が悪いとき、他の薬を飲んでいるとき、食後や飲酒後に測った場合は、必ず記録しておくようにしてください。何も書かずに血圧の値だけ書いていると血圧が高いと思われて、降圧剤も高い血圧に合わして処方されてしまうことがあります。記録するのは、血圧手帳、スマホアプリなどがありますので自分にあった記録の方法で記録していきましょう。記録した血圧手帳などは、受診の時に忘れないように持って行って医師に見せましょうね。

 

ということで今回は正しい血圧の測り方をご紹介しましたが、家での血圧は、治療の判断になります。朝、晩の2回が難しい場合は、朝1回でいいので、必ず測るようにしてください。家庭血圧が、135/85mmhg以上で高血圧になります。血圧計でも、この数値を超えると早朝高血圧の表示がされるタイプが増えてきました。高血圧を意識するのにいいかもしれないですね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン