高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の基準値、具体的な数値はどのくらい

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の基準値、具体的な数値はどのくらい

血圧が高い、高血圧と言われるけど、どのくらいから高血圧と言われるのか気になりませんか?血圧が200/100mmhgだったら明らかに高血圧というのは分かります。しかし、150/90mmhgだとどうでしょう?「少し血圧が高めかな」ぐらいで特に気にすることはありませんよね。このぐらいの血圧の数値では特に問題視せず病院に行く人も少ないでしょう。では、高血圧はどのくらいの数値から診断されるのか、今回説明させて頂きます。

 

高血圧とはどのくらいの数値からを言う?

高血圧とはどのくらいの数値からを言う?

血圧を判定する方法は、病院などで測る診察室高血圧、自宅で測る家庭血圧があります。何故、二つあるかというと病院で測ると緊張して高くなることが多く(白衣高血圧)、また病院で測る方が下がる人も(仮面性高血圧)いるからです。高血圧と診断される基準値は診察室で140/90mmhg以上、家庭で135/85mmhg以上の場合は、一般的に高血圧と診断されます。正常域血圧は、至適血圧、正常血圧、正常高血圧に分類されています。

正常域血圧
130〜139/85〜89mmhg(病院)、125〜134/80〜84mmhg(自宅)、将来高血圧になる可能性が高い

正常血圧
120〜129/80〜84mmhg(病院)、115〜124/75〜79mmhg(自宅)

至適血圧
120/80mmhg未満(病院)、115/75mmhg未満(自宅)、心筋梗塞、脳卒中になるリスクが低い

 

高血圧の種類は?

高血圧は大きく3つに分類されています。病院でも自宅で測っても高い持続性高血圧(一般に高血圧と呼ばれているタイプ)、病院で測ると高いが、自宅で測ると血圧が高くなる白衣性高血圧、逆に病院で測ると正常、自宅で測るほうが高くなる仮面性高血圧に分かれます。白衣性高血圧は、女性や高齢者に多く白衣を見ると緊張して血圧が上がると言われています。仮面高血圧は、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高いとされ、喫煙、飲酒、ストレス、肉体を酷使する仕事などが原因と言われています。また血圧が上がる時間によっても、早朝高血圧、昼間高血圧、夜間高血圧に分類されています。

 

高血圧の種類は?

血圧が上がる時間帯、場所などは、その人によって変わります。自宅で血圧を測る時間は朝と夜が基本です。仕事中に血圧が上がる中間高血圧の人は、職場にも血圧計を持って行って測ることができれば、血圧の変動を把握することができます。また、家族に高血圧の人がいたり、肥満の人が多いのも中間高血圧の特徴といわれています。夜間高血圧と早朝高血圧が合体すると、動脈硬化を起こしている可能性が高く、脳卒中、心筋梗塞を起こすリスクも高くなると言われています。健康診断で、そんなに高くないから大丈夫と思っていた人でも安心してはいけないということです。高血圧に移行するまえに生活習慣を改善していかなければ大変なことになります。まずは自分の血圧の特徴をしっかりとつかむことが大事になりますね。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン