高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その頭痛と吐気は高血圧が原因なのか?心配なら早めに対応を!

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

頭痛や吐気は高血圧が原因?

酷い頭痛がして吐気もする、さらには血圧まで高いと心配になってしまいます。自分の頭の中で何か病気があるのかな?という事も考えてしまいます。医者によると、高血圧で頭痛がするのではなくて頭痛が血圧を上げているとのこと。例えば、肩こりがひどい、寝不足、風邪の時の頭の痛みで血圧が上がります。痛いという事でストレスにもなるので、それも血圧を上げる原因になります。高血圧で本当に頭痛がするときは、異常があるときです。その頭痛の原因と症状の違いについて今回は説明させて頂きます。

 

頭痛の種類

頭痛の種類は2つに分けられます

頭痛には、大きく分けて次の二つに分けられます。

  1. 一次性頭痛

    1. 肩こりが原因で起きる緊張性頭痛、一定の重い痛みがあります。温めると緩和するのが特徴です。
    2. ストレス、疲労、女性ホルモンの影響で起きます。ズキズキとした痛みで音や光に敏感になります。頭の血管の拡張が原因と言われています。
    3. 内頸動脈が拡張し炎症することが原因と言われる群発性頭痛。目をえぐられるような痛みがあり、毎日大体同じ時間に起きるといいます。
    4. 混合型頭痛:1と2の混合型です。
  2. 二次性頭痛

    二次性頭痛はクモ膜下出血、脳腫瘍が原因で起きる頭痛です。激しい痛みで吐き気を伴う事がほとんどです。

高血圧が原因と他の頭痛の原因の違い

高血圧が原因と他の頭痛の原因の違い

一次性頭痛の場合は、血管の拡張や筋肉の緊張が頭痛の原因になっています。高血圧が原因の場合は、こういう現象がないのにもかかわらず頭痛が起こってしまいます。多くは動脈硬化が原因ではないかと言われています。

 

・脳動脈瘤

高血圧の状態が長く続くと、血管に圧がかかり分岐部が瘤の様に膨れることがあります。これを動脈瘤と言います。この動脈瘤が大きくなると近くの神経を刺激して、頭痛、視力障碍(見えにく、ぼやける)、言語障害などを起こすことがあります。

・クモ膜下出血

この動脈瘤が高血圧に耐えきれなくなって破裂して、クモ膜の下に出血をします。出血によって脳が圧迫されて酷い頭痛を起こします。例えて言うならば、いきなり何かで後ろを殴られたような痛みとよく言われ、傷みと吐気が持続します。意識障害、麻痺、最悪は死に至ることまであります。クモ膜下出血が死亡率が高い病気として知られています。動脈瘤が複数破裂する場合も珍しくないので、出血の量も多く後遺症も重くなりやすい傾向にあります。

・脳出血

動脈硬化でもろくなった血管が、高血圧に耐えきれなくなり血管が破れて出血します。出血の場所によって症状、程度は変わります。

・脳腫瘍

脳にできた腫瘍が神経を圧迫して頭痛が起きます。又、大きくなった腫瘍が脳を圧迫して起きる場合もあります。

 

高血圧が原因となるものと原因で無い頭痛の違いは、まず、「症状の出方」です。高血圧が原因の場合は、急に激しい痛みが出ることが多く、安静にしてもよくなることはありません。また麻痺、言語障害といった他の症状が現れます。市販の鎮痛剤では効果がない場合がほとんどなので、状態に関係なく頭痛があるときは受診することをお勧めします。

動脈瘤の場合は、複数出来ていることも多く頭痛の他に、怒りっぽくなった、見えにくいなどの症状がある場合は危険です。未破裂の時に発見して治療すれば破裂を予防できます。頭痛がひどく心配な時はやはり早めに受診しておきましょう。一次性頭痛でも治療によって、辛い頭痛が良くなりますよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン