高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血圧計の種類はどんなものがあるのか?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

血圧計の種類

血圧計を買おうと思ってドラッグストアやネットで探してみても、種類の多さに迷ってしまいますよね。ドラッグストアに並んでいるのはデジタルがほとんどですが、ネットショップにはいろいろな種類があります。医療従事者仕様から一般向けまであるため、どの血圧計が良いのか分からなくなります。そんな血圧計選びで悩んでしまう方のために、血圧計の種類と特徴をご説明させて頂きます。

 

測定方法による種類

測定方法による種類

血圧計には、昔からある水銀式とアネロイド式、そして電子式があります。水銀式とアネロイド式は圧を物理的な方法で測定する測定方式で、コロトコフ音を直接耳で聴いて測定する必要があります。練習をしないと正しく計測するのは難しく、聴力の違いで誤差が出てきてしまいます。

対して電子式は、電子回路の働きを利用して測定します。圧力センサーや信号を変換する装置が組み込まれているため、誰でも正確に測ることができます。

 

測定部位による分類

測定部位による分類

血圧を測る場所によって、上腕式血圧計と手首式血圧計に分かれます。手首式は不整脈や脈の弱い人は測りにくい場合があるため、一般的には上腕式の方が誤差が少ないと言われています。ただ、2,3回測って誤差がそれほどなければ、正しく計測できていると言えるでしょう。

 

手動か自動の違い

手動か自動の違い

上述の水銀式とアネロイド式は手動で計測する血圧計で、よく病院で行われている測定方式のものです。電子式血圧計は自動で計測するもので、ボタン一つで操作できるタイプです。病院の待合室に置いてあるような、腕を入れてボタンを押すと計測できるタイプの血圧計も自動血圧計になります。

他にもよくドラッグストアでも見かける自動血圧計として、腕や手首に自分でマンシェットを巻いてボタンを押すと測定するタイプがあります。今ではワンハンド血圧計と言って、自動でも聴取法でも両方で測定できるタイプも出ています。

 

機能で選ぶ

血圧計の中には、測定した結果をプリントできるタイプ、iPhone(スマートフォン)と連動できるものなどいろいろあります。欲しい機能があれば、その機能が付いている血圧計を選ぶと良いでしょう。

 

これまで見てきた通り、実にさまざまなタイプの血圧計が存在するわけですが、どれを選んだら良いのでしょうか?日常的に自宅で自己管理の目的で血圧を測定する場合は、上腕式デジタル自動血圧計をお勧めします。またその場合でも、手首式を携帯用に持っておくと便利です。手首式は、計測する位置によって誤差が出てしまうと言われますが、正しい位置で測定すればそれほど大きな誤差は出ません。

あくまでもご自分の用途に合った血圧計を選んで管理をしていくことが大切です。高血圧の予防には、自分の血圧を把握してコントロールしていくことがとても大切なこと。それが引いては脳梗塞、心筋梗塞などの予防にもつながります。特に起床時の血圧測定は大切ですし、降圧剤の調整にも必要ですので忘れずに測定するようにしましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン