高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の方は術後に血圧の変化が起こるのはなぜ?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の方は術後に血圧の変化が起こるのはなぜ?

高血圧の方が手術を受けた後は、血圧が変動すると言われています。

このことを聞くと、高血圧の方は手術を受けるのを躊躇してしまうかもしれません。

なぜ高血圧だと手術の後に血圧が変動してしまうのか、普通の人はリスクはないのか気になりますよね?

そこで今回は、術後の血圧の変動の理由についてご説明させて頂きます。

 

理由① 手術で使用される麻酔の影響

手術で使用される麻酔の影響

手術の時に使用する麻酔には血管拡張作用があります。

血管が拡張するということは、血液が流れやすくなるため、結果的に血圧は低下しやすくなります。

これによって高血圧の方は普通の人に比べて、高いときと低いときの差が大きくなってしまうのです。

そしてこの大きな差の範囲内で血圧が変動しやすくなるため、血流不全の状態に陥りやすく、術後の脳梗塞や心筋梗塞のリスクが普通の人に比べて高くなると言われています。

 

理由② 手術中のいろいろな刺激

手術中のいろいろな刺激

手術のときは、身体の内部にメスを入れることになるため、さまざまな刺激が加わります。

その刺激によって交感神経の影響から心拍数や血圧が上昇したり下降しやすい状態になるのです。

また術後、麻酔から覚めると誰もが痛みを訴えます。

現在では術後の血栓を予防するために早期に離床を進めていくのですが、傷の痛みがまだある状態で動くことになりますので、その痛みによって交感神経が刺激されて血圧が上がりやすくなるのです。

高血圧の方は、少なからず動脈硬化を起こしていますから、通常の人のように体が柔軟に反応せずに変動しやすい状態になってしまうことになります。

 

理由③ 手術のストレス

手術のストレス

手術を受けるときは、やはり誰でも緊張するでしょう。

また術前・術後には食事や活動にも制限があるため、これがストレスとなり、血圧を上げる原因になってしまうのです。

また術後の体は不安定ですので、血圧も変動しやすくなっています。

 

まとめ

高血圧の方は、少しの刺激で交感神経が影響を受けやすく血圧が上がりやすくなっています。

術中や術後のリスクを少なくするためには、血圧のコントロールが必須です。

もちろん病院では患者さんの血圧のコントロールを細かく行っていきますし、そもそも血圧がコントロールできない状態での手術は行わないでしょう。

しかし、動脈硬化が進まないようにリスクを最低限にするには、普段からストレッチを行い高血圧を予防することが必要です。

高血圧に効果的なストレッチ法はこちらの記事を参考にしてくださいね。

>>”高血圧に効果的なストレッチ法はこちら”

また術後も痛みを必要以上に我慢せず、鎮痛剤を内服して血圧を上げないようにすることも必要です。

高血圧の他に、糖尿病などの持病のある方、喫煙する方は、他の術後のリスクも高くなります。

入院中は喫煙ができませんので、禁煙のストレスで血圧が上がらないように、普段から禁煙の状態に慣れておくことも必要です。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン