高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧は汗かきになる?原因と解消法はこちら

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧は汗かきの関係と原因・解消法

自分は汗かきなんだけど、血圧が高いことと関係があるんだろうか?と思っている人も多いかもしれません。他の人から見て、顔面が紅潮して汗をかいている人は、血圧が高いと思ってしまうでしょう。実際に血圧が上がることと汗かきは関係しています。そこで今回は、血圧が上がる仕組みや高血圧と汗かきの関係についてご説明させて頂きます。

 

なぜ、汗をかくのでしょう?

なぜ汗をかくのか?

汗をかく仕組みや要因にはいくつかあります。箇条書きにしてみると、以下の通りです。

  1. 体温を調節するため
  2. 身体の水分量を調節するため
  3. 血管が収縮するため
  4. 交感神経が活発になるため
  5. 病気のため

水分を過剰に摂取したときは、循環血液量を一定に保つため汗や尿を外に排出して調節しています。また身体の調子が悪いときなどは、血管が収縮することによって汗が出ます。(脂汗はこれが原因です。)

また緊張したときに出る汗は、交感神経による刺激が原因で出る汗です。(これが冷や汗です。)

 

汗をかく仕組みや要因を深掘りしてみます

汗をかく仕組みや要因を深掘りしてみます

それでは先ほど箇条書きにしたそれぞれの仕組みや要因について、少し詳しく見ていきたいと思います。

 

交感神経の作用

交感神経の作用

血圧が上がる原因として、交感神経が刺激されることが挙げられます。交感神経が活発になると血管が収縮し、心拍出量が増えます。そして心拍数が上がると、心臓から利尿作用のあるホルモンが分泌されます。この効果もあって汗をかきやすくなります。通常の人の場合、心拍数が上昇することは運動をすること以外にはありません。しかし血圧の高い人は交感神経の働きが活発になっており、また心臓にかかる負荷が大きくなることもあり、この状態になりやすいのです。

 

肥満

肥満の人は、血糖値を下げるインスリンというホルモンの働きが低下することにより、血糖値が上昇します。血糖値の上昇は交感神経を刺激してしまうため、血圧を上げる原因になります。また肥満で内臓脂肪が増えると、アンジオテンシノーゲンの分泌が増え、アンジオテンシンⅡという血圧上昇ホルモンが作られてしまうため高血圧になりやすくなります。

 

病気

脂汗は病気のサインです

身体の調子が悪くなると顔面蒼白になることがありますが、このときに出ている脂汗は血管が収縮して出る汗です。他に目立った症状の出ない心筋梗塞でよく見られます。つまり顔面蒼白で脂汗が出ているときは危険信号。念のため医療機関で診察を受けた方が良いでしょう。

また血圧が上昇して気分が悪くなることもあります。このような場合は、身体を動かさずじっとして安静にしましょう。それでも回復しないときは、やはり受診をお勧めします。自分の力で動けない、意識がもうろうとしている、足がふらついているときなどは、かなり緊急性が高いと思われますので、救急車を呼んだ方が良いでしょう。

 

健康な人の場合は、運動をしたときに良い汗をかいたと言います。高血圧の人も無理のない範囲で適度な運動が必要です。普段から運動をしていないと、心拍数が急激に上がり、血圧が上がってしまうため逆効果になってしまいます。日常的にウォーキングをしていると内臓脂肪も減り、身体を動かすことに慣れていきますので、汗かきになりにくくなります。逆に汗をかかないように水分を抑えると、脱水になってしまいますので注意が必要です。

まずは血圧を上げない生活習慣と、適正体重を維持する無理のない運動を日ごろから習慣にすることが大切と言えるでしょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン