高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧と便秘の意外な関係とは?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧と便秘の意外な関係

便秘になると、無意識に出そうとしてしまったり、残便感があるため腹圧がかかります。そのため血圧が上がることはよく知られているのですが、他にも関係する要因があります。便秘になった時の生活習慣や食生活など、それ自体が原因になっているのです。今回は、そのような気になる便秘と血圧の関係をご説明していきます。

 

生活習慣から便秘になりやすい

生活習慣から便秘になりやすい

まず、便秘になる原因としては、次のようなものが挙げられます。

  • 食生活の乱れ(肉類中心、時間が決まっていない)
  • 生活習慣の乱れ
  • 水分摂取が少ない
  • 運動不足

つまり高血圧を予防するためには、緑黄色野菜を摂ることや規則正しい生活を送ることが効果的であると言えます。また血液をドロドロにしないためにも、水分摂取が必要です。規則正しい生活リズムであれば、自然と排便習慣も身に付くでしょう。

 

便秘が招くさまざまな症状とは?

便秘が招くさまざまな症状

冒頭にも書かせていただいたように、便秘になると血圧が上がりやすくなるのですが、それ以外にもさまざまな症状を引き起こす可能性があります。どのようなものがあるのでしょうか?

 

排便時に血圧が上がる

便秘になると便が硬くなり、スムーズに排出することができません。そのため、排便時に力が入り血圧が上がってしまうことになります。排便時に血圧が上がり、さらに脳圧も上がってしまうため、吐気や嘔吐、眩暈(めまい)を起こし、ひどい場合は脳出血を起こします。心臓への負荷もかかるため、心筋梗塞の原因にもなります。

ちなみに朝方にトイレで倒れる人がいるという話をよく聞くかも知れませんが、排便時に血圧が上がるということとは別に、血圧が上がりやすい時間帯というのも関係しています。

 

老廃物が溜まりやすい

便秘になると、吹き出物ができたりお肌が荒れるという人がいます。それは、代謝が悪くなり老廃物が溜まりやすくなるからです。老廃物には動脈硬化の原因になる中性脂肪やコレステロールも含まれます。特に食生活が原因で便秘になっている場合は、食物繊維を多く含む食物を積極的に摂るようにしましょう。

食物繊維を多く含む食物を積極的に摂る

 

ストレスが溜まる

便秘になるとお腹がスッキリせず、お腹が張り食欲も落ちていきます。排出できていないことが気になり、何回もトイレにいく羽目になってストレスも溜まります。このストレスが高血圧の原因になってしまうのです。毎朝スッキリ排便できると気分も良くなり、ストレスも解消されるでしょう。

 

便秘にならないような生活習慣をすれば、高血圧の予防にもなります。また便は3日以上溜めてしまうと硬くなって排出しにくくなるため、血圧が上がってしまいます。何日間も排便できていない状態が続くと、いざというときに血圧が上がり、脳や心臓の負担が大きくなってしまいます。

生活習慣だけでなく、薬の副作用で便秘になることもありますので、その場合は医師に相談して便を柔らかくする薬や下剤を処方してもらうことをお勧めします。ただの便秘だと思っていたら、イレウスなどの重大な病気の場合もありますので、腹痛がひどい場合は受診するようにしてくださいね。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン