高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化に効く治療薬一覧はこちら

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化に効く治療薬一覧

血管が固くなって酸素などの栄養が体全体に十分に行き渡らず、命にかかわる様々な病気を引き起こす動脈硬化。今回はこの動脈硬化に効く治療薬をピックアップしました。お薬にはいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。この機に一度自分が飲んでいるお薬のことを調べてみてはいかがでしょうか?

 

動脈硬化により発生する血栓に対するお薬

動脈硬化により発生する血栓に対するお薬

動脈硬化の原因は主にコレステロールや脂肪にあります。これらが血液の流れを邪魔して血液中に塊を作ってしまうと、それが血管に詰まって死に至る危険性があります。これを防止するために使われているお薬は以下のようなものがあります。

 

・アスピリン

このアスピリンは恐らく誰もが名前を聞いたことがあるお薬に含まれています。それはあの「バファリン」。効果が似ているお薬なの?と思われるかもしれませんが、正真正銘のバファリンです。アスピリンはとても昔から使われているお薬で、一般的には解熱剤として使われていますが、同時に血液を固まらないようにする効果もあるんです。そのため動脈硬化の治療にはこちらのアスピリンが使われることもあります。

 

・ ベラプロスト

こちらのお薬は血管を広げ、血液を固まりにくくするためのお薬で、動脈硬化に対してとても心強い効果を発揮してくれます。もし手足が最近痺れるということがずっと続くのであれば、一度病院に行って、こちらのお薬を処方してもらうと良いでしょう。

 

・ワルファリン

動脈硬化は血液中のコレステロールや脂肪が原因で血液が固まって血流の邪魔をし、様々な病気を引き起こす血栓症の原因につながります。このお薬は血が固まるのを抑える働きがありますので、血栓症になったらこちらのお薬に頼り、一刻も早く体内の血栓を除去しましょう。

 

血栓ができないように血液を固まりにくくするお薬や、血管を広くするお薬、いざ血栓ができてしまったときに使うお薬というように、動脈硬化に対して使われるお薬はたくさんあるんですね。高血圧の人が飲むお薬も動脈硬化に使われていますので、日々の生活習慣が自分の未来を左右していることがよくわかります。あなたは自分が飲んでいるお薬の名前がわかりますか?この機に自分が毎日飲んでいるお薬について調べてみると良いかもしれませんね。

 

動脈硬化にならないためには?

動脈硬化にならないためには?

動脈硬化は突然死の危険性が出てくる大変危険な病気です。現状症状が何もないからと病気を放置していたら、1時間後にばったり倒れてしまってもおかしくありません。当然ですが、このような病気にはならないことに越したことはありませんので、軽い運動の習慣を取り入れつつ、可能な限り食生活を見直していきましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン