高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

降圧剤を飲み過ぎると体にどんな影響があるの?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

降圧剤を飲み過ぎることによる体に与える影響

薬の効きが悪い、お薬を飲み忘れた、めんどくさいから体調が悪いときだけ飲もう・・・このようにお薬の管理がうまくできない方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?今回は降圧剤を飲みすぎると体にどんな危険があるのかについてまとめていきます。降圧剤はさまざまなお薬の中でも体にかかる負担が高いお薬になりますので、お薬の管理がとても大切になってきます。

 

降圧剤は体にかかる負担が大きい?

降圧剤は体にかかる負担が大きい?

血圧が高いことは、体温が上がったりさまざまな病気を引き起こす原因になりますが、同時に血圧は下がりすぎても目眩(めまい)や頭痛につながります。そのため降圧剤は自分に合った量を必ず服用しなければいけません。

降圧剤にはさまざまな種類があり、いろいろなアプローチの仕方であなたの血圧を下げてくれます。そのため、一括りにまとめて「降圧剤」と言っても副作用や特徴を簡単に表すことが難しく、それぞれの降圧剤で特徴は異なります。お薬を処方してもらったときは、必ずそのお薬の特徴や注意点をお医者さんや薬局の人に聞くようにしましょう。

 

降圧剤を飲む方が気を付けなければいけない3つのこと

降圧剤を飲む方が気を付けなければいけない3つのこと

降圧剤を服用する方は、以下の3つの点について気を付けるようにしてください。

 

①お医者さんの問いかけには必ず本当のことを言う

降圧剤にはさまざまな種類があり、あなたにとって最適なお薬を見つける必要があります。副作用による身体への負担や今後のことも考慮する必要があるためです。

初めて訪れる病院では、恐らくほとんどの場合、今飲んでいるお薬や持病について聞かれることが多いと思います。そこで面倒だからと言って今飲んでいるお薬を伝えなかったり、治療が長引くかもしれないと思って持病を書かなかったりすると、本当に危険なことになりかねません。降圧剤は数ある薬の中でも副作用が本当に強いものです。きちんと自分に合ったお薬を見つけるためにも、お医者さんの質問には必ず正確に答えてください。

 

②異変があったらすぐに服用をやめお医者さんに相談する

体調が悪くなった、違和感を感じたといったことがあれば、服用を一時的にやめて病院の先生にすぐに電話をして指示を仰ぎましょう。「2週間後にまた病院に行くからそのときに聞こう」などと考えるのは絶対にNGです。

 

③生活習慣を見直す

運動をしない、食生活が悪いといった高血圧になる原因があなたの生活には隠れていませんか?お薬をきちんと飲んで治すことも大切だと思いますが、同時に自分の生活を改善することで高血圧を改善させて行くこともできます。一度自分の生活を見直し、お薬に頼らないで高血圧を治していくことにもチャレンジしていってください。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン