高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧で目が充血したり出血する原因は何?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧で目が充血したり出血する原因

高血圧の方の中で、よく人から「目が赤いけど寝てないの?」と声をかけられる経験がある方はいらっしゃいませんか?自分では思い当たることがないのに目がすぐ赤くなるのは、高血圧の症状の一つです。これも高血圧が原因なの?と思うかもしれません。しかし高血圧によって、身体のさまざまな箇所にダメージが少しずつ与えられていくのです。では具体的に、なぜ目が赤くなったり出血したりするのかをご説明させて頂きます。

 

高血圧性網膜症

高血圧性網膜症

高血圧になると、目に必要な栄養素や酸素が行き届かなくなるため、血管の多い眼球は病気になりやすくなります。また高い圧がかかることによって、眼の血管も固く細くなってしまいます。この状態を高血圧性網膜症と言います。この状態になると網膜から出血しやすくなります。

目が充血するのは、結膜下出血といって眼球の結膜の下の毛細血管が破れて内出血が起こることが原因です。また動脈硬化が進むと、目に栄養素を運ぶために新しい血管ができますが、この血管は細くて脆いため高い圧に耐えきれず破れてしまい、その結果眼底出血を起こすのです。

 

眼底出血

眼底出血

眼底出血とは、網膜の血管が破れ眼球内に出血することです。症状としては視界が欠けたように見えることがあります。動脈硬化を起こした血管が肥大して、動脈と静脈が交差する場所で静脈の血管が圧迫されます。その結果、静脈に溜まった血液によって血管の壁が破れ、血が漏れ出てくることになります。少ない出血でもある程度の視力障害が出てしまいます。

 

高血圧性網膜症の予防と治療

この病気を予防するには、血圧のコントロールをしていくしかありません。血圧が高い状態を放置すると、動脈硬化が進んで細い毛細血管から出血します。これが充血の状態です。ここからさらに症状が進むと眼底出血を引き起こします。血圧が下がっていくとともに高血圧性網膜症は改善され、出血斑や滲出斑も消失していきます。

治療法ですが、出血が少ないときは降圧剤の処方で良くなります。血圧が安定せず危険な方は、レーザーで新生血管発生や硝子体出血の予防を行います。硝子体出血や網膜剥離まで進んだ場合は、視力回復のため、硝子体を手術で透明化する網膜再生手術をしていきます。糖尿病でも同じ病気になりますので、持病がある方は特に注意が必要です。

 

末梢血管の抵抗の圧が上がるとともに、血圧も上がっていきます。その末梢血管が一番多く集まっているのが目(眼球)です。目の血管の状態を診ると、全身の血管の状態が分かると言われますので、高血圧の方は眼科で眼底検査を受けることをお勧めします。高血圧性網膜症の予防と高血圧の予防になるでしょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン