高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧と熱中症の見逃せない関係

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧と熱中症の関係

これから暑い日が続きます。汗が大量に出ると脱水症状になり、熱中症のリスクが高まります。この時、意識がボーっとしたり、頭痛や吐気などの症状が出ることはよく聞かれるかも知れません。しかし、血圧も高くなるということはご存じでしょうか?なぜ熱中症になると血圧が上がるのか、その理由をご説明させて頂きますね。

 

熱中症の症状

熱中症の症状

暑い日には体の熱も逃げにくくなります。そこで体の熱を下げるために大量の汗をかいて、体温を調節しようとするわけです。しかし汗をかく量が大量になりすぎてしまうと脱水症状になってしまい、引いては熱中症を引き起こしてしまいます。熱中症の症状としては、目眩(めまい)、筋肉の痙攣(けいれん)、倦怠感、吐き気、体温の上昇などがあります。

さらに大量に汗をかく時に、水分と同時にナトリウムも身体から排出されます。ですので水分だけを補給してしまうと、血液中に含まれるナトリウムの濃度が下がってしまい、「低ナトリウム血症」という症状を引き起こしてしまいます。低ナトリウム血症の症状は熱中症と似ており、疲労感・倦怠感、吐き気・嘔吐、頭痛、痙攣などがあります。水分補給の際には、同時に塩分も補給するようにご注意ください。

 

熱中症になると血圧が上がる理由

汗をかくことで身体中の水分が少なくなると、身体の血液がドロドロの状態になります。このドロドロの血液を流すために圧がかかりますし、末梢血管の抵抗も高くなります。このことによって血圧が上がってしまうのです。このドロドロの血液は、血栓の原因や血管壁を厚くしてしまう原因にもなります。心筋梗塞、脳梗塞のリスクも高くなるので要注意です。

 

高血圧の人は熱中症になりやすい?

血圧が高い方は、減塩を意識して日ごろから塩分を少なめにしています。水分を摂るときも、水やお茶にする方が多いと思います。さらに暑い時期に大量に汗をかくことで、ナトリウムも排出されます。通常でもナトリウムが少ない状態で、さらにナトリウムが失われてしまうため、熱中症を起こしやすくなるのです。

 

夏に高血圧と熱中症を予防する方法

熱中症予防には水分補給が必要

夏は体調も崩しやすく、自律神経も乱れやすくなります。睡眠を十分に取り、疲れを溜めないようにすることが大切です。脱水の状態になると血液がドロドロになって血圧も上がりますので、小マメな水分補給が必要です。しかし水分を摂りすぎると、循環する血液量が増えて血圧を上げることになりますので、一度に大量に飲むのはやめましょう。

また冷たいものばかり摂っていると、消化不良を起こし脱水になります。また暑くて汗が多量に出るときは、水やお茶だけでなくスポーツドリンクでの水分補給も必要です。そのことが熱中症予防にもつながります。

 

暑いと食欲もなくなり食事も偏りがちになります。エアコンの中で過ごすことが多くなり、外との温度差で自律神経も乱れてしまい夏バテの原因になります。肥満の方は皮下脂肪で熱を逃がしにくいので、さらに熱中症になりやすいと言われます。高血圧や熱中症を予防するためには、小マメな水分補給、十分な睡眠、バランスの良い食事、いつもより少し塩分を摂ることなどが大切です。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン