高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の人がお風呂に入るときに注意すべき点について

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の人がお風呂に入るときに注意すべき点

高血圧の方にとって注意したいことの一つである入浴。何も気にしないで入浴すると、思わず高血圧を悪化させてしまうことになりかねません。そこで高血圧の方が入浴で注意すべき点についてまとめてみました。

 

■アルコール(飲酒)

お風呂とアルコール(飲酒)

入浴前に【お酒を飲むと危ない】という話はよく聞きますよね。その理由として挙げられるのは、飲酒することにより体内の血液循環が良くなるのと、お風呂に入って体が温まることで同じように血液循環が良くなることが重なるためです。つまり、飲酒中や飲酒直後にお風呂に入ると、血液の循環がさらに速いスピードになってしまうということ。大量の血液が全身を回ることによって血液の流れが乱れ、脳や心臓の血液が減少することになってしまうのです。その結果、脳貧血や不整脈、心臓発作などを引き起こすことがあります。

 

■温度差

高血圧の方が注意すべき温度差

次に注意したいのが【温度差】です。いくつか注意すべき【温度差】を挙げてみます。

 

●冬場の部屋とお風呂場の温度差

部屋の中は暖房などで温かくしていても、お風呂場や脱衣場はかなりヒヤッとするもの。お湯を使えばすぐに温かくなるため、多少ヒヤッとしていても大丈夫だろうと思いませんか?しかしそこが、高血圧の方にとっては大きな落とし穴。急激な温度変化により体温が一気に奪われ、血圧が急上昇してしまうのです。高血圧の方にとって冬は気が抜けませんね。

 

●シャワーと浴槽に溜めるお湯の温度差

そのほかにも注意したいのが、シャワーの温度と浴槽に溜めるお湯の温度の差です。特に熱い湯船が好きな方は要注意。42度以上のお湯は心臓に大きく負担がかかり、血圧が上がる原因になると言われています。実際に脳卒中で緊急搬送される場合、かなりの数の方が入浴中に倒れるなどして運ばれています。ほとんどの場合、お風呂に入って血圧が急に上昇したために起こります。

湯船に浸かると血圧はそれだけ上がります。さらに熱いお湯に浸かると、皮膚への刺激で交感神経が活発になり、筋肉が引き締まる、つまり血管が縮むことによって血の巡りが早くなり血圧が上がることになります。

 

■高血圧に優しいお風呂の入り方

高血圧に優しいお風呂の入り方

37度~40度くらいのぬるめのお湯にゆったりと入ることによって、副交感神経が活発になり、大きなリラックス効果が期待できます。毎日のストレスを解消したり、肉体疲労や気分のリセットには欠かすことのできないお風呂。ゆったりと気持ちよく入りたいものですね。

また温泉地の朝風呂は旅の醍醐味の一つですが、ここでも一つ注意点があります。朝起きてすぐは血圧や脈拍の変動が大きい時間帯ですので、起きてから1時間くらいはのんびりと過ごしてから入浴するようにしましょう。

 

リフレッシュの良い機会であるお風呂や温泉。人によって温度の感じ方は変わってきますが、身体の負担を考えると注意するに越したことはないと言えるでしょう。せっかくの機会が台無しにならないように、気をつけてみてください。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン