高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

血圧計の価格は一般的にいくらぐらい?おすすめのメーカーは?

2016.04.23

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

血圧計の一般的な価格とおすすめのメーカー

血圧計を購入しようと思っていても、一般的にいくらぐらいの価格なのか気になりますよね。家電量販店に行って血圧計を見てみても、血圧計の種類は非常に豊富で価格もバラバラ。血圧計とその平均的な価格やメーカー、また血圧計を計る方法などについてご紹介したいと思います。

 

◆そもそも、血圧計って何を計るもの?

血圧計は何を計るもの?

血圧とは読んで字のごとく、血液が血管に与える圧(圧力)のことです。血圧計はその血圧を計測するための医療機器です。以前までは医療機関でしか血圧を計測することができなかったのですが、今では各メーカーから家庭用にさまざまな血圧計が販売されています。

 

 

◆血圧計の一般的な価格ってどのくらい?

血圧計の一般的な価格

血圧計の価格は、メーカーや計測方法によって価格も変わってきます。安い物は3,000円から、高いもので2万円ぐらいのものまでといろいろな価格の血圧計が販売されています。売れ筋で言うと、一般的に1万円以下の比較的お求めやすい血圧計が中心ですが、3,000円ほどの血圧計でも基本的な機能である上の血圧・下の血圧と脈拍測定の3つが計測できる機能は備え付けられています。

 

◆血圧計の選び方は?

血圧計の選び方

メーカーや方法から選ぶのが一般的な選び方です。メーカーで選ぶのであれば、オムロンやテルモ、パナソニックのいずれかの中から選ぶのが良いでしょう。特にオムロンの血圧計は病院などの医療機関でもよく使用されており、信頼度も高いメーカーです。よく店頭で見かけるのはオムロンとパナソニックの製品ですが、オムロンの血圧計は国内のシェア率が60%で1位ですし、世界でのシェア率も第1位。医療器具専門メーカーのオムロンの血圧計には、日本人の職人気質の知恵が結集されています。このことからも一番のおすすめのメーカーはオムロンと言えます。

次に血圧計の方法で選ぶ場合は、手首式、上腕式(巻き付け型)、アームイン式の3つから選ぶことになります。手首式はお値段も安く持ち運びもできるところが良い点ですが、実際よりほんの少し低めに数値が出るというマイナス面があります。また上腕式(巻き付け型)の血圧計は、腕に巻き付けるという手間がかかりますが、精度は高く場所を取らないという利点から人気もあります。

それらに比べるとややお値段も高くなり場所も取るのがアームイン式です。このアームイン式は主に病院や健康ランドに備え付けてあるため、見かけたこともあると思います。一般的に家庭用としては置き場所を取ってしまうという制約がありますが、その点がクリアできれば一番正確な値を計測できます。ただ総合的に考えると、手首式か上腕式(巻き付け型)が場所も取らず、おすすめと言えます。

 

いかがでしたでしょうか?一口に血圧計と言っても、さまざまな種類があります。その中で自分の生活空間やリズムにあった血圧計を購入するようにしましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン