高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの血圧計とは? ~種類・測定方法の違いを押さえた選び方~

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

おすすめの血圧計,種類・測定方法の違い

健康志向の方は必ずと言っていいほど持っているのが血圧計です。血圧が気になり出したから計測するために購入してみようと思う方も多いと思います。しかし売り場に行くと意外と血圧計の種類が多く、「オムロン」「パナソニック」「テルモ」など、どれを購入して良いのか判断に迷うところ。そこで今回は、おすすめの血圧計についてご紹介したいと思います。

 

血圧計にも種類がある?おすすめの種類は?

血圧計の種類とおすすめ

血圧計の種類は全部で3つあります。まず上腕式血圧計と呼ばれるタイプで、このタイプには腕に巻くタイプと病院などにある腕を通すタイプの2種類があります。そしてもう1つが手首に巻くタイプです。当然ながらどれも血圧の測定は可能ですが、正確さを求めるなら手首に巻くタイプの血圧計よりも上腕式血圧計が良いでしょう。手首に巻くタイプの血圧計は測定が楽ですし、測ろうと思ったらすぐに測れる手軽さはありますが、数値の変動が大きいため正確な数値が出ないことがあります。正確な血圧値を測りたいという方は、上腕式血圧計が良いでしょう。

また補足ですが、血圧は安静にしている時に測るようにしましょう。外出前に家で測った後、病院に行って再度測ると数値に変動があることがあります。血圧計の機能の違いもありますが、動いた後に測ると変動が出やすくなります。

 

血圧計の機能・測定方法の違いとは?

血圧計の機能・測定方法の違い

血圧計は様々なメーカーから販売されています。見た目にはそれほど変わりありませんが、実は機能・測定方法が異なるものがあります。測定方法には2つあり、それぞれリバロッチ・コロトコフ法、オシロメトリック法と呼ばれています。現在の血圧計は、この2つのいずれかの測定方法が採用されています。

リバロッチ・コロトコフ法は、聴診器を使って血管の音を聴くのと同じ原理で、高感度マイクを取り付けて血管の音から測定する方法です。この方法はテルモの血圧計に採用されています。
オシロメトリック法は、血液が流れる間の振動や脳波を測定し、その変化によって血圧を測定します。こちらはパナソニックやオムロンの血圧計で採用されています。

どちらが良いというわけではありませんが、家庭用の血圧計の大半はオシロメトロック法の血圧計です。

 

おすすめの血圧計とは?

おすすめの血圧計

上腕式血圧計の機械に腕を入れて測定するタイプのものは、病院で測る血圧計と同じくボタン操作で簡単に測定ができます。手に巻くことがないため自分一人でもできますし、正確な値を計測できることが特徴です。ただ少し置き場所を取る必要があります。逆に手首に巻くタイプの上腕式血圧計は、自分で巻く必要があるため少し大変ですが、コンパクトで持ち運びにはとても便利です。

手首に巻くタイプでおすすめの血圧計は、オムロンの自動血圧計で、数値の色も明るくとても見やすくなっています。

 

どの血圧計を選んでも平均的な自分の血圧の数値は計測できます。しかし本当の自分の血圧に一番近い数値を知ることができるのは上腕式血圧計です。ただ、毎日利用したり外出が多い方は、手軽に使用できる手首に巻くタイプのものも持っていると便利でしょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン