高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧で食事に気を使う方へ 外食時に注意すべき3つのポイント

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧で食事に気を使う方へ 外食時に注意すべき3つのポイント

高血圧の方は、自宅での食事療法で血圧を下げるという治療法がありますが、外食をする機会も当然あると思います。サラリーマンの方は接待などもあるでしょうし、外食先で食事をしないというわけには行きませんよね。では、高血圧の方は外食の時、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?どんなメニューを頼めば良いかなど、気を付ける点についてご紹介します。

 

高血圧の方は自分の好みの食事内容を把握しておく

自分の好みの食事内容を把握しておく

せっかく食事をするのですから、あまり好ましくないものよりも自分の好きなものを食べたいですよね。だとしたら、自分の好きな食べ物の大体のカロリーと塩分量を把握しておきましょう。一日のうち三食とも外食をする人はまずいないと思いますが、自分の好きな食べ物のカロリーと塩分量を把握しておくと、「お昼はこのくらいカロリーを取ったから、夜はあれを食べよう」とか「塩分摂りすぎたから夜は控えよう」などの調節がしやすくなります。

もし好きなもののカロリーや塩分を知らなかったら、次から次へとカロリーの高い食事を食べたり、塩分の多い食べ物を取ることになるため、血圧の数値をさらに上昇させてしまいます。

 

単品ではなくセットメニューを注文する

単品ではなくセットメニューを注文する

牛丼やカツ丼などの丼ものは栄養バランスが偏っていますし、カロリーも結構高くなります。ですので、高血圧の方が外食をするなら定食やセットメニューのものを注文するようにしましょう。定食ですと副菜やサラダなども入っていますし、栄養バランスも良く取れます。高血圧の方は積極的にサラダなどの野菜を食べるようにした方が良いため、外食をする際はサラダが付いている定食やセットメニューを注文しましょう。もし、丼ものしかないなどの場合は、サラダを別で注文して食べるようにした方が良いと思います。

 

鍋料理がおすすめ

鍋料理がおすすめ

鍋料理は、野菜を多く食べることになり、栄養的にもバランスが取れていますのでおすすめです。しかし、お肉がメインのすき焼きなどは肉ばかり食べることになるので注意が必要です。やはりお肉中心の料理は避けるべきでしょう。

鍋料理の中身で言えばお肉よりもお魚が良いと言えます。その他の具材は、貝類やきのこ類、豆腐や野菜とヘルシーなものがメインになってしまいますが、野菜はカロリーも少ないので、たとえ食べ過ぎたとしても肉類を食べ過ぎるよりはるかに良いと言えます。(とは言え、食べ過ぎないのが一番良いですけどね。)また、体に良い食材ばかりを食べるため高血圧のみならず体そのものも健康になりますし、温かい食べ物なので体の中の巡りも良くなります。

このような点からも鍋料理は、もし外食先で食べるようなことがあればぜひ選択肢に入れて欲しい料理の一つです。

 

高血圧でも美味しいものを食べることはできます。塩分やカロリーを抑えることは必要なことですが、自分で把握しておくことと、食事をする料理さえ注意すれば高血圧の方でも問題なく食事を楽しむことができますよ。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン