高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の人はアルコールを飲まない方がいいの?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧症を患っている患者さんの中には、付き合いで飲み会に参加することが多く、ついついお酒を飲んでしまう…そんな人も少なくありません。しかし、実際のところ、高血圧の人がアルコール飲料を摂取することはあまり良くないのかどうか、気になりますよね。まったく飲めないという事はなくても、具体的にどれくらいまでなら大丈夫かも知りたいところです。そこで、高血圧とアルコールの関係について、近年分かっていることをまとめてみました。

 

■高血圧とアルコールの関係性は複雑

お酒

高血圧にアルコールがいいのか悪いのか、というのは実は非常に複雑で、一言で言いきれないところがあります。アルコールを摂取すると、一時的に血管が拡張された影響で血圧が下がることがありますが、長期的に飲んでいるか、習慣的に飲んでいるか、どの程度の量飲んでいるかによって、血圧上昇の原因となることももちろんあります。しかし、これも体質により大きく影響が異なるので、一概にどういった効果があるかをはっきり言うことはできません。ほかにも、アルコールが体内に入ると、HDLコレステロール(いわゆる、善玉コレステロール)を増やしてくれる場合もあります。さらに、血液凝固に関わる部分にも作用し、血液を固まりにくくして詰まるリスクを軽減してくれるという研究結果も報告されています。

 

■どの程度のアルコール摂取なら大丈夫なのか

飲み会

今までの内容からすると、高血圧の人がアルコールを摂取するといい影響が多いように思えますが、先述のように長期にわたって大量にアルコールを摂取すると、高脂血症になり、高血圧を引き起こすリスクも高まります。さらに、飲酒をする場合おつまみをついつい食べ過ぎてしまうこともあるので、それによりメタボリックシンドロームなど別の病気を引き起こす可能性もあります。一般的に、よく飲酒をする方であれば、1日に男性なら瓶ビール大1本、女性なら缶ビール350 mlを1本程度までにとどめておくのが理想です。たまになら少々飲みすぎても問題はありませんが、常に目安を大幅に超えた量を摂取すると様々な疾患に繋がります。

飲酒をすることは、高血圧に対して必ずしも悪い影響を与えるとは限りませんが、何事もやりすぎは禁物です。しかし、アルコール摂取はストレス解消に役立つという側面もあり、高血圧の大きな原因としてストレスが挙げられることからも、無視できるメリットではありません。高血圧を患っている場合には、適度なお酒の量を守り、上手に付き合っていくことが大切ですね。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン