高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

降圧剤服用中に頭痛が起きた場合の注意点

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

降圧剤服用中に頭痛が起きた場合、これは降圧剤の副作用でしょうか?高血圧症状や降圧剤の副作用で頭痛が起きる場合もありますが、もしその頭痛が以下の特徴に当てはまる場合はとても怖い病気が発症している可能性があります。降圧剤服用中に頭痛を感じた場合は、医療機関を受診するようにしましょう。特に注意すべき頭痛の特徴について説明します。

 

降圧剤服用中に頭痛が起きたら

shutterstock_72309397

降圧剤は高血圧の治療薬で血圧を下げることが目的で処方されます。つまり降圧剤の服用を医師が指示しているということは、高血圧がかなり進行していると考えることができます。そのため、降圧剤を服用している方が頭痛の症状を起こしている場合、高血圧が原因で起こる脳血管疾患の症状として頭痛が起こっている場合があるので、もし頭痛が起きた場合は自己判断で様子を見ずに、すぐに医療機関を受診することをお勧めします。

 

特に注意すべき頭痛の特徴

shutterstock_265187345

高血圧脳症、クモ膜下出血、脳出血、脳梗塞が生じることにより頭痛が発生します。

それぞれの痛みの特徴は以下のとおりです。特に吐き気を伴う場合は、かなりリスクが高いので、すぐに救急車を呼んでください。

 

高血圧脳症の頭痛の特徴

血圧が急激に上昇した結果、脳の血管の働きに異常が起こり、脳が腫れた状態です。鈍い頭痛が続き、吐き気や嘔吐を伴う場合もあり、徐々に進行、憎悪していき、意識障害や視力障害などを伴う場合もあります。

 

クモ膜下出血の頭痛の特徴

突然激しい頭痛が起こり、バットで殴られたような痛みがどんどんひどくなっていきます。こちらも吐き気や嘔吐を伴う場合もあります。

突然の激しい頭痛と吐き気が出て、頭痛がどんどんひどくなっていくようならクモ膜下出血である可能性がかなり高いと言えます。

また、どこか一部というより後頭部または、前頭部を中心に頭全体が激しく痛むのが特徴です。

 

脳出血の頭痛の特徴

クモ膜下出血同様突発的に痛みが起こりますが、痛みを感じない場合も多い

 

脳梗塞の頭痛の特徴

頭が重く感じるような痛みが特徴です。痛みを感じない場合も多い。

 

大事なのは降圧剤を必要としない身体になること

いかがでしたか?降圧剤による頭痛というのは、他の病気が関わっている可能性も高く非常に危険なのです。また、降圧剤を服用し続けても高血圧は改善されないので、一生降圧剤による頭痛の恐怖と戦わなければいけません。

このサイクルから抜け出すには、降圧剤に頼ることをしない生活、つまり高血圧を改善する以外に方法はありません。しかし、高血圧を改善するためには適度な運動をしたり降圧剤に頼ったり、さらには遺伝が関係していたりとあなたは思い込んでいませんか?

それは大きな間違いで、実は短期間で高血圧を改善する方法があるのです。その方法とは運動もしないし降圧剤に頼ることもない、遺伝に左右されない食事法のことです。この食事法を実践して、血圧が数日で下がる人が続出するほど再現性の高い方法なのです。

このまま高血圧で不安な日々を送って良いんですか?そうでないと感じているなら、食事法を実践した人たちの口コミを確認してみてください。

>>食事法を実践した人たちの口コミ<<

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン