高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧に安静は必要?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

血圧の違いは何故でるのか

高血圧は、心臓や血管に負担がかかっている状態で、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気の原因となりますが、高血圧になったら安静にしている必要があるのでしょうか?高血圧の原因と効果的な対処法について説明します。

 

高血圧の原因

高血圧とは、なんらかの原因で血液がスムースに流れなくなったり、血液量が増えたりして、血液を全身にめぐらせるためにより強い圧力が必要になっている状態です。具体的な理由は原因ですが、現代人に多い生活習慣による高血圧の場合、動脈硬化により血管が狭くなっていたり、肥満によって血液量が多くなっていたり、塩分の取りすぎによって、血液中の水分が増えすぎていたりなど主なものになります。

血管というホースに血液という水を流し全身を巡らせることによって、全身の細胞に栄養や酸素が行き渡ることで生命活動が維持できているのですが、ホースが狭くなれば当然同じ量の水を流す際にはより強い力が必要ですし、水の量が増えても、送り出すためにより強い力が必要となります。この余分な力は心臓から血液を送り出す力で調整されるので、血圧の数値となって現れます。つまり高血圧は、全身の血流が悪いため、血液を循環させるためにより多くの力(血圧)が必要となった状態と言えます。

 

高血圧の対処法〜安静にしていれば治る?〜

上記の通り、高血圧の原因が血流にあるため、血液の質を変え、血管を強くしていくことこが効果的な対処法となります。重大な合併症を発症してれば、安静にし治療が必要となりますが、多くの場合は以下のように食生活、運動、生活習慣の改善が効果的な対処法になります。

具体的な方法を紹介します。

 

食生活で対処する方法

shutterstock_73832815

血液は食物から摂取した栄養素や酸素を身体中の細胞に届ける役割があります。そして血液の質は血圧ダイレクトに影響します。

つまり、

食生活は血圧に最も影響を与える因子であると言えます。そのため食事方法、摂取量、味付けなどを改善することで効果的に高血圧の予防ができます。

具体的な方法は以下の通りです。

1)規則正しくバランスのよい食生活を心がける

2)1日3食を基本に暴飲暴食をしない

3)塩分を1日6g以内に抑える

4)血圧を下げる効果のある食材を積極的に取り入れる

オリーブオイル、魚介類、海藻、大豆製品、緑茶、酢、にんにく、玉ねぎ、緑黄色野菜など

 

運動で対処する方法

shutterstock_109549085

適度なウォーキングなどの有酸素運動は、心肺機能と血液循環を改善し、高血圧を予防する効果があります。

毎日30分程度のウォーキングが非常に効果的です。運動を継続して行うことでストレスの解消や肥満の予防などの効果も期待できます。

 

生活習慣で対処する方法

血圧は外部環境の変化や心身的なストレスでも高くなります。一時的でも大幅な血圧変動も体には負担となりますので以下の項目に注意して楽しく毎日を過ごすことも高血圧を予防するためには有効です。

・ストレスと溜めない

・タバコを吸わない

・アルコールは適量を守る

・睡眠時間を十分にとる

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン