高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧が糖尿病によって起こるメカニズム〜高血圧と糖尿病の関係〜

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

糖尿病は高血圧のリスク因子だと言われていますし、実際糖尿病の人は高血圧になりやすいというデータがあります。

高血圧が糖尿病によって起こるメカニズムについて説明します。

 

糖尿病により高血圧になるメカニズム

shutterstock_298419926

 

糖尿病により高血圧になるメカニズムを糖尿病によって起こる症状別に説明します。

 

1:高血糖

 

人間は健康な状態では、細胞内と細胞外で同じ水分濃度になろうとする力が働いているのですが、高血糖になると、細胞内外の浸透圧のバランスが崩れると、バランスを整えようとして細胞外の水分量、つまり血液と体液の量を増やそうとします。

水分量の増加に伴って、血液を全身にめぐらせるための圧力も多く必要になりますので、血圧が上がります。

 

2:インスリンが働きにくいことにより血液中のインスリンが上昇する

 

インスリンは腎臓においてナトリウムの再吸収を促進する(ナトリウムを体内にとどめる)ので、血液中のナトリウム濃度が上昇します。

ナトリウム濃度が上昇すると、人間の体は、浸透圧の影響でバランスを保とうと、細胞間液から水分を取り込みますので、血液量が増え血液量が増えるので心拍質量も増え、血圧が上がります、

 

3:イオンバランスが乱れる

 

細胞膜にはナトリウム、カリウム、カルシウムなどのイオンを通過させる「チャネル」という「門のような働きをしている部分」があり、細胞内・外のイオンのバランスを保つ働きをしています。

糖尿病の人は、遺伝子の欠損や突然変異が原因でチャネルの働きが低下していますので、血管の壁を形成している細胞の中にナトリウムが増えます。

その結果、イオンのバランスを保つために カルシウムも増加します。

カルシウムは筋肉を収縮させる作用があるので、これが末梢血管を収縮させ、血圧上昇につながります。

 

4:動脈硬化が進行する

 

糖尿病の上記の症状によって、動脈硬化が起こりやすく、高血圧によってさらに動脈硬化が悪化し、高血圧になるという悪循環が起こります。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン