高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧は入浴で改善する?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

入浴中に脳梗塞や心筋梗塞などを起こすケースが多く報告されているため、高血圧の人に入浴は危険だと思われがちですが、実は入浴自体は高血圧を改善する非常に効果的な生活習慣です。ただし、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを避けるための注意事項はあります。高血圧の人に入浴が効果的な理由と入浴時の注意点について解説します。

 

高血圧は入浴で改善する?

入浴自体は、リラックス効果と血流改善効果に優れていて、入浴をすることで血圧を下げる方向に安定させる効果があります。また身体を温めることでリラックスすることで、睡眠の質も高めてくれますので、生活習慣の改善につながります。高血圧の人こそ、シャワーではなく、下記の注意点を十分に理解して、毎日入浴をすることをおすすめいたします。

 

入浴で脳卒中などのリスクが高まる理由

shutterstock_204149281

お風呂に入ること自体は、リラックス効果を高め、血流を促進するため、むしろ血圧を下げる効果がありますが、問題となるのは、急激な温度変化です。脱衣所で着替える際に、体温が急激に下がったり、お風呂に入った瞬間は熱いお湯の刺激で一時的に交感神経優位となり一時的に血圧が上昇します。また入浴で温まった状態から、温度の低い脱衣所に急激に戻る際にも大きな温度変化があり、心臓や血管に大きな負担がかかり、血圧が一時的に上昇します。つまり、入浴の前後の大きな温度変化により、血圧も大きく変動し、脳梗塞や心筋梗塞などが起きやすくなるのです。また、入浴中に失われた水分で、血液の濃度が上昇しやすいことも関連しています。

 

高血圧の入浴方法

shutterstock_80192440

最大のポイントは温度差を小さくし、心臓への負担を減らし、血圧の急激な変動を抑えることです。脱衣所を暖かくしておき、お風呂とその前後の温度差を最小限にすることです。また熱すぎる風呂も血圧を急激に上げて大変危険ですので、お湯の温度は37〜40度程度の一定に保つようにしましょう。2つ目のポイントは、入浴前に水分補給を十分にしておくことです。入浴中も汗などで水分が奪われますので、入浴前にはコップ1杯以上の水分を摂取するようにしましょう。また入浴後も温かい飲み物で水分摂取をしましょう。ノンカフェインの温かい麦茶が、血圧を下げる効果もあるのでおすすめです。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン