高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧と飲酒の関係とは?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の人が飲酒をするときは、適量を守り飲み方に注意することが大事です

高血圧のリスク因子に飲酒があり、高血圧の人はお酒を控えるように指導されます。

では、飲酒はどのようにして血圧を上昇させるのでしょうか?

高血圧と飲酒の関係について解説していきます。

 

高血圧と飲酒の関係

shutterstock_149154938

 

飲酒は、多くの研究から日々の飲酒量が多いほど、血圧の平均値が高く、高血圧症になるリスクが高いこともはっきりしています。

ただ、飲酒は一時的には血管を拡張させ、循環を促し、血圧を下げる効果がありますし、アルコールには善玉コレステロールを増やす効果もあると言われています。

実際、高血圧と飲酒の因果関係は単純ではないのですが、長い期間多量のアルコールを飲み続けることで高血圧のリスクが高まるという説が有力です。

その理由としては、血管の収縮や脈拍を高める交感神経優位になること、腎臓からマグネシウムやカルシウムが奪われやすいこと、アルコール自体または一緒に摂取する脂っこい味の濃い食品で肥満や動脈硬化につながりやすいこと、生活が不規則になりやすいこと、ストレスが多い、などが考えられます。

 

高血圧にならない程度の適切な飲酒量とは?

lgf01a201305020800

 

お酒は百薬の長とも呼ばれ、適度な飲酒であれば、健康効果が高いと言えます。

例えば、寝る前の一杯でリラックスできて熟眠できれば、生活習慣も安定させることもできます。

適量は、体格等により個人差もあるのですが、1日当たりの飲酒量は、

・ビールは、缶ビール1本

・日本酒は、0.5号

・ウィスキーは、シングル1杯

未満に抑えておくのが無難だと言えます。

 

飲酒で高血圧にならないために

shutterstock_285274469

 

もし、ストレス発散のために飲酒を行っていたり、毎日適切な飲酒量を超えてアルコールを摂取しているようであれば、お酒以外のストレス発散方法を探し、飲酒量を減らすように努力しましょう。ストレス解消には、副交感神経を優位にさせてることが重要であり、リラックスすることがそのための一番の方法です。リラックスするには、温泉に行ってゆっくりくつろいだり、大自然の中にハイキングにいくのがおすすめです。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン