高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化で入院が必要なケースとは?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化は、文字通り動脈が肥厚して硬くなり、血液がスムースに流れなくなる病気ですが、症状がかなり進行している場合は入院して精密検査や治療、手術などが必要となる場合があります。できれば入院が必要になる前に対処したいものですが、初期には自覚症状がほとんどないために放置されがちなため、自覚症状に気がついて病院に行った際には即入院となるケースが多いのも実情です。動脈硬化を放置すると起こる怖い病気と病院で行う治療について以下で説明します。

 

動脈硬化で入院するケース1:閉塞性動脈硬化症

shutterstock_176038832

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化により主に手足の動脈が詰まって、手足の末端まで血液がスムースに流れなくなることにより、運動時痛や冷感、むくみなどが生じ、そのまま放置すると壊死してしまう怖い病気です。ふくらはぎの痛みが自覚症状として現れくるころには、すでにかなり症状が進行していますので、入院して精密検査となる場合がほとんどです。精密検査を行った結果により、薬物療法、針金を通して血管を広げるカテーテル治療、人工血管や静脈を活用して新しく動脈をつなぐ動脈バイパス術などの手術が行われます。

 

動脈硬化で入院するケース3:狭心症や心筋梗塞など心臓血管疾患

shutterstock_226748374

心臓血管疾患には、心筋梗塞や狭心症、うっ血性心不全、高血圧性心肥大などがあります。心臓の筋肉い酸素や栄養を送っている血管が完全に詰まってしまうのが、心筋梗塞、心臓に十分な血液を送り込めなくなる位血管が狭くなっている状態が狭心症で、いずれも動脈硬化が原因です。こちらは生命に直接影響を及ぼすため、緊急を要します。状況により薬物療法や手術が行われます。

 

動脈硬化で入院するケース3:脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患

shutterstock_281147552

脳血管疾患には、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血がありますが、動脈硬化が原因で起こります。こちらも心臓血管疾患同様に緊急を要し、状況により薬物療法や手術が行われます。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン