高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の人の外食時の注意点

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧治療中の場合はできるだけ外食を避けるように指導されますが、仕事柄や付き合い等で外食が避けられない場合も多いですし、外食は楽しみのひとつでもあります。どうしても避けられない外食の場合は、どのような点に気をつければよいのでしょうか?以下を参考に、楽しい外食の時間を過ごしてください。

 

高血圧の食事の注意点

調味料

外食の注意点を説明する前に、高血圧の人向けの食事のポイントをおさらいしましょう。細かいポイントはたくさんありますが、以下が主なポイントと言えます。

1:塩分を控える

2:脂分を控える

3:緑黄色野菜、大豆製品、海藻類を積極的に摂取する

外食は基本的に味が濃く、塩分、脂肪分が過剰で、野菜が不足しがちですので、高血圧の人は極力さけるように指導されるのです。

 

高血圧の人の外食における注意点〜メニューが選べない場合〜

レモン

外食の場合は自由にメニューを選べない場合も多いと思います。その場合は以下の点を注意するだけでも大分塩分や脂肪分の摂取が抑えられます。

1:追加の調味用は加えない

外食はすでに味が濃い場合がほとんどで、塩分、脂肪分は非常に多いと考えられますので、追加で醤油などの調味料を足すことは止めましょう。レモンやスパイスなどを上手に使って物足りなさをカバーしましょう。

2:汁物や漬物は残す

ラーメンの汁などのスープはかなりの塩分が含まれているので残すようにしましょう。定食などの汁物がある場合は野菜がたくさん入った具沢山のものを選ぶようにするとよいでしょう。

漬物などの加工品もかなりの塩分が含まれているので、できるだけ残すようにしましょう。

 

高血圧の人の外食における注意点〜メニューが選べる場合〜

食事

メニューが選べる場合は、できるだけ上記の理想の食事のポイントを押さえているメニューを選ぶようにしましょう。

具体的には以下を参考にしてください。

1:単品ものではなく定食などバランスのとれたメニューを選ぶ

2:メインは肉よりも魚を選び、大豆製品、野菜、海藻などが多く含まれたサイドメニューを選ぶ

3:追加の調味料を加えない、汁物や漬物は残すなどはメニューが選べない場合と同様

 

外食後の食事も重要

家族で食事

食事は毎日の積み重ねです。外食をどうしてもしなければならない場合は、それ以外の食事を得に意識して、治療食にするようにし、1食単位ではなく、1日、1週間、1ヶ月などの長期でバランスが取れるように考えることもストレスなく高血圧と向き合っていく上で重要なことです。できることから確実に積み重ねていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン