高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧はストレスでも起こる?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の原因は、ストレスにもあるといわれます。

ではなぜストレスが高血圧の原因になり得るのか、ストレスによって身体に起こる変化について説明します。

 

高血圧の原因とは?

shutterstock_106885613

高血圧とは、なんらかの原因で血液がスムースに流れなくなったり、血液量が増えたりして、血液を全身にめぐらせるためにより強い圧力が必要になっている状態です。

具体的な理由は様々ですが、動脈硬化により血管が狭くなっていたり、肥満によって血液量が多くなっていたり、塩分の取りすぎによって、血液中の水分が増えすぎていたりなどがあります。

つまり血管というホースに血液という水を流し全身を巡らせることによって、全身の細胞に栄養や酸素が行き渡ることで生命活動が維持できているのですが、ホースが狭くなれば当然同じ量の水を流す際にはより強い力が必要ですし、水の量が増えても、送り出すためにより強い力が必要となります。

この余分な力は心臓から血液を送り出す力で調整されるので、血圧の数値となって現れます。

 

ストレスが高血圧の原因になり得る理由

shutterstock_183700811

ストレスには様々な種類がありますが、大きく以下のような要因で高血圧を悪化させていると考えられます。

 

1:活性酸素によるビタミンCの大量消費による血管や血液へのダメージ

血管を強くし血液をサラサラにする作用のあるビタミンCは、身体的、精神的ストレスで大量に消費されると言われています。血管壁が傷つきやすくなり修復も困難になるため、動脈硬化を悪化させ、高血圧を促進します。

 

2:交感神経優位になることによる血管へのダメージ

交感神経は興奮時やストレスを受けた時に働き、血圧を上げる方向へ作用します。通常は拮抗する働きをする副交感神経の作用により元に戻るように調整されるのですが、慢性的なストレスが続くと、交感神経優位となり、血圧が高い状態が続く場合があります。

こうして血圧が高い状態が続くと、血管や心臓にダメージが生じ、動脈硬化が進行し、さらに高血圧が悪化するという悪循環に陥りがちです。

 

3:ストレスによる食生活や生活習慣の乱れ

ストレスにより暴飲暴食などの食生活の乱れや睡眠不足や運動不足などの生活習慣の乱れが生じがちです。これらにより血液が汚れ、心臓、血管機能が低下することにより、高血圧が生じます。

 

ストレスによる高血圧から身を守るには?

shutterstock_85440868

 

適度な運動をしたり、睡眠をしっかりとるなどのリフレッシュを心がけましょう。

また血管を強くし、血液をサラサラにする効果のある緑黄色野菜、大豆製品、海藻などを積極的に取り入れたバランスのよい食生活を心がけるようにしましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン