高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化はプラークの蓄積が原因〜プラークって何?〜

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化は血液検査で分かる

動脈硬化は放置すると心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な病気の引き金となりますので、すぐに対処したいところですが、そもそも動脈硬化はどのようにして起こるのでしょうか?

動脈硬化はプラークが血管壁に蓄積して起こりますが、プラークって一体何なのでしょうか?

動脈硬化の発生機序とプラーク、そして効果的な予防改善方法について説明します。

 

動脈硬化とは?

動脈硬化は、心臓から送り出される酸素と栄養素を含んだ血液を全身の細胞に届ける働きをしている血液の輸送管である動脈の病的な変化のことを言います。

具体的には様々な原因で本来の柔軟性をなくして硬くなることで、もろくなったり、血液中の脂肪が付着したりして血管が狭くなったりして、身体の機能に影響を及ぼし、重篤な病気の原因にもなります。

 

動脈硬化とプラークの発生機序

shutterstock_185128070

動脈の老化、高血圧、内分泌障害(糖尿病、更年期障害、痛風、肥満など)、薬物・毒物、感染症などによる血管障害、喫煙、ストレス、運動不足などが原因と言われていますが、一番問題となるのは、血中のコレステロールや中性脂肪の増加で血管壁に脂肪の塊が付着し血管壁が硬くなり、血液の通り道が狭くなることです。

肝臓から血液を通じて体の各組織へコレステロールを運ぶ運送屋さんのような働きをするVLDL(超低密度リポタンパク質)という物質があるのですが、これが動脈硬化の危険因子であるLDLコレステロールに体内で変化し、その量が多すぎると動脈硬化が進行します。

動脈硬化の危険因子LDLコレステロールが動脈硬化を引き起こす機序は以下の通りです。

肝臓に取り込まれた脂肪は、血液中の脂肪を運搬するカプセルのような役割のリポタンパク内に詰め込まれますが、この脂肪が詰め込まれたカプセルがVLDLです。脂肪の摂取が多ければ、当然たくさんのVLDLが血液内に作られます。

VLDLには中性脂肪がたくさん詰め込まれているので、これが増えれば当然血液中の中性脂肪値が上昇します。

そして、VLDLは血液を通じて全身に積み込んだ中性脂肪を配り終わるとLDLに変わります。たくさんあったVLDLがLDLに変わり、LDLにはコレステロールが積み込まれていますので、血液中のLDLコレステロール値が上昇します。

そしてLDLは全身にコレステロールを配って、配り終わるとHDLに変わるのですが、そうすると今度は逆に余分になったコレステロールを回収していきます。

本来、このようなサイクルの中で血液中のコレステロール値がバランスが取れるような仕組みになっているのですが、LDLが多すぎると、全身のコレステロールが余ってしまいHDLは少なく、LDLが多い血液になってしまいます。

そのままHDLに変換できなかった古いLDLコレステロールは活性酸素で酸化されて、血管に蓄積し動脈硬化が発生します。またVLDLが配った中性脂肪の燃焼時のカスも血管に蓄積し動脈硬化が悪化します。この蓄積したカスがプラークです。

一方では、LDLから生じるHDLが少なくなるために、HDLコレステロールの値が低下します。

 

動脈硬化は治るの?

一度血管壁に付着した脂肪のゴミ(プラーク)はどうしたら無くなり、動脈硬化が治るのでしょうか?

重症の場合は、お薬を使って溶かす場合もありますが、多くの場合は、食生活を始めとする生活習慣の改善で解消します。

ポイントは血液をサラサラにすることと、血管を強くしなやかな状態に戻すことです。

 

動脈硬化の改善方法

shutterstock_133872140

動脈硬化対策として動脈硬化を改善する方法を12個にまとめました。血液の質を変える食事療法が中心となります。

1:バランスのよい食事を適量摂取し、肥満を防ぐ(または改善する)

2:コレステロールを多く含む食品や動物性脂肪は極力控える(総カロリーの20%以内)

3:タンパク質は主に大豆製品から摂取する(大豆製品には血管を強くするビタミンや栄養素も豊富に含まれています。)

4:糖分、カフェイン、刺激の多い食品は避ける

5:血管強くするビタミンを豊富に含む緑黄色野菜を積極的に摂取する

6:血中のコレステロールを抑制する作用のある食物繊維を豊富に含む食品を積極的に摂取する(海藻類がミネラルを多く含みカロリーもほとんどないのでオススメです)

7:ゴマなどの抗酸化作用のある食品を積極的に摂取する

8:新鮮なフルーツや野菜など血管を丈夫にするビタミンCを豊富に含む食材を積極的に摂取する

7:喫煙をしない

9:アルコールは極力控える(1日ビール1本、または日本酒1合程度まで)

10:ストレスを避け、リラックスして過ごす

11:十分な睡眠をとる

12:適度な運動をする(ウォーイングなどの息が上がらない程度の有酸素運動を1日30分以内は目安)

 

動脈硬化対策は治すよりも予防が効果的

動脈硬化は重症化するまでほとんど自覚症状がありません。そのため症状が出てから治すのは非常に時間がかかりますし困難な場合もあります。

動脈硬化が疑われる時は、症状がまだ出ていなくても今すぐ上記のをひとつでもいいので取り組むようにしましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン