高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化は老化が原因?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化は文字通り血管が硬くなり、本来の柔軟性がなくなり、スムースな働きができなくなっている状態ですが、これは老化現象で誰にでも起こることです。ただ、脳梗塞や心筋梗塞など重篤な病気を引き起こす可能性のある動脈硬化は、この老化減少が原因ではありません。動脈硬化が起こるメカニズムとリスク管理について説明します。

 

動脈硬化と老化

血管は全身に血液を送る輸送管ですから、本来はとてもしなやかなホースのようなものです。ですが、加齢に伴い、身体の筋肉のしなやかさや失われていくように血管も硬くなっていきます。そのため血液を全身に送るために通常より多くの圧力が必要となるので、血圧が上がります。年齢とともに動脈が硬化し、多少血圧が上がるのは生理現象ですし、病気ではないので心配する必要はありません。

ただ、以下のようなメカニズムでも動脈硬化は起こり、これは病的な高血圧を引き起こすだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞の原因となりますので、すぐに対処する必要があります。

 

動脈硬化のメカニズム

shutterstock_211260661

血液中には、肝臓から血液を通じて体の各組織へコレステロールを運ぶ運送屋さんのような働きをするVLDL(日本語では超低密度リポタンパク質)と呼ばれる物質があり、これが動脈硬化の危険因子であるLDLコレステロールに体内で変化し、その量が多すぎると動脈硬化が進行します。

動脈硬化の危険因子LDLコレステロールが動脈硬化を引き起こす機序は以下の通りです。

肝臓に取り込まれた脂肪は、血液中の脂肪を運搬するカプセルのような役割のリポタンパク内に詰め込まれますが、この脂肪が詰め込まれたカプセルがVLDLです。脂肪の摂取が多ければ、当然たくさんのVLDLが血液内に作られます。

VLDLには中性脂肪がたくさん詰め込まれているので、これが増えれば当然血液中の中性脂肪値が上昇します。

そして、VLDLは血液を通じて全身に積み込んだ中性脂肪を配り終わるとLDLに変わります。たくさんあったVLDLがLDLに変わり、LDLにはコレステロールが積み込まれていますので、血液中のLDLコレステロール値が上昇します。

そしてLDLは全身にコレステロールを配って、配り終わるとHDLに変わるのですが、そうすると今度は逆に余分になったコレステロールを回収していきます。

本来、このようなサイクルの中で血液中のコレステロール値がバランスが取れるような仕組みになっているのですが、LDLが多すぎると、全身のコレステロールが余ってしまいHDLは少なく、LDLが多い血液になってしまいます。

そのままHDLに変換できなかった古いLDLコレステロールは活性酸素で参加されて、血管に蓄積し動脈硬化が発生します。またVLDLが配った中性脂肪の燃焼時のカスも血管に蓄積し動脈硬化が悪化します。

一方では、LDLから生じるHDLが少なくなるために、HDLコレステロールの値が低下します。

こうして、血液がドロドロになり、血管壁にゴミ(血栓)が溜まっていくと、血圧が病的に上昇するだけでなく、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを常に抱えてしまうことになります。

 

動脈硬化の基準

動脈硬化の程度やリスクは、血液中のコレステロール値から知ることができます。

HDL-コレステロール(HDL-C):善玉コレステロール

正常とされる範囲は以下の通りです。

40mg/dl~65 mg/dl

LDL-コレステロール(LDL-C):悪玉コレステロール

正常とされる範囲は以下の通りです。

正常値が70 mg/dl~120mg/dl

 

動脈硬化のリスクを知る動脈硬化指数の算出方法

動脈硬化指数=LDL-C/HDL-C

つまり、血液全体のHDL-Cに対してLDL-Cがどれ位含まれているのかを表した指数が動脈硬化指数です。

数値が大きいほどLDL-Cの割合が大きいので動脈硬化になりやすく、数値が小さいほど動脈硬化になりにくいと言えます。

正常値は4.0とされていますが、硬化的な予防のガイドラインとしては2.0以下、過去に動脈に関する疾患になったことがあるばいは、1.5以下に保つことが推奨されています。

 

動脈硬化指数を知って行うリスク管理

shutterstock_171516863

動脈硬化指数が高いということは、すでに動脈硬化である、または動脈硬化になるリスクが非常に高いと言えます。健康診断などで血液検査を行った際は、LDL-コレステロールとHDL-コレステロールを確認し、動脈硬化指数が高いようであれば、直ぐに生活習慣や食生活の改善を行っていくことを強くお勧めします。また、生活習慣や食生活の改善と並行して、病院で血管の状態がわかるような精密検査を受けて、状態をしっかり数値と画像で確認しながら、リスクの管理をしていくことが必要です。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン