高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化をビタミンで予防改善する方法

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞など重篤な病気の引き金になりますので、早期に予防改善することが重要です。予防改善には、食生活の改善で血液をサラサラにし、血管を強くすることで柔軟性を保つことが重要となりますが、その際に有効に作用するビタミンとそのビタミンを多く含む食品について解説します。

 

動脈硬化が起こった時に身体に起こる変化

shutterstock_185128070

動脈硬化はひとことで言ってしまえば、ドロドロの血液のカスが血管の壁にこびりついて、血液の流れが悪くなっている状態です。イメージしやすいように、血液を水、血管をホースに例えてみます。綺麗な水が流れているホースは詰まることもないし、ずっと同じ勢いで水を放出してくれますが、ドロドロのお水を流しているホースはどんどんホース内にゴミが溜まっていくので、水の流れが悪くなり、最終的には目詰りして水が流れなくなりますよね。血管は全身に酸素や栄養をを運ぶホースのような役割をしていますので、その血管が詰まる、血液が流れにくくなるというのがどれだけ恐ろしいことか想像に難くないと思います。身体は常に一定の酸素や栄養素が血液によって運ばれ循環することによって正常な機能を保てる前提で成り立っていますので、血管の一部が詰まるだけでも全身に悪影響が生じるのです。

 

動脈硬化を予防改善するビタミン

動脈硬化の予防改善に効果的なビタミンは以下の通りです。

1:ビタミンA(βカロテン)

ビタミンAは血液中のコレステロールの酸化を抑制します。

多く含まれるのは色の濃い野菜、緑黄色野菜です。

 2:葉酸

ビタミンBの仲間で血液のホモシステイン濃度を低下させる作用があります。

ホモシステインは酸化する過程で発生する活性酸素の働きによって血管を傷つけますが、葉酸を摂取することで、ホモシステインが代謝されるので、血管が傷つくのを防ぐことができます。

レバー、緑の野菜、緑茶、のりなどに多く含まれます。

3:ビタミンC
水溶性のビタミンとして血液中に溶け、活性酸素を抑制し、動脈硬化予防に優れた効果を発揮します。
新鮮なフルーツや野菜に多く含まれます。

4:ビタミンE

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化を予防する効果があります。余分なコレステロールが血管壁へ付着するのを防止してくれるので、血管の柔軟性を保ち、血圧の上昇を防ぎます。

緑黄色野菜、オリーブオイル、緑茶などに多く含まれます。

 

動脈硬化を予防改善するビタミンの効果的な摂取方法

shutterstock_291753935

サプリメントではなくできるだけ安全で新鮮な食べ物が摂取するようにしましょう。ビタミンEとビタミンCは一緒に摂取すると、ビタミンEの抗酸化力をビタミンCが補給する作用があるため、全体で抗酸化力がさらに向上します。緑黄色野菜やトマトなどを毎日摂取するようにすると効果的です。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン