高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧をお酢で効果的に予防する方法

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧にはお酢が良いと聞きますが、本当でしょうか?

酢が高血圧解消に効果的な理由とおすすめのお酢や摂取方法について解説します。

 

高血圧がお酢で予防できる理由

shutterstock_143842459

酢には、高血圧抑制効果とコレステロール低下作用があります。有効に作用する成分は以下の通りです。

 

◼︎血圧降下成分:アデノシン

お酢の主成分である酢酸が細胞に取り込まれると、「アデノシン」という物質が出てきます。このアデノシンは血管の壁に作用して、血管が拡張します。血管が拡張すると血液は流れやすくなるので、高血圧が解消します。この成分は血流を改善し、上がりすぎた血圧を正常に近づけるように働くので、低血圧の人の血圧をさらに下げるようなことはありませんのでご安心ください。

◼︎コレステロール抑制作用

コレステロールは食品から摂取するだけでなく、体内でも作られますが、お酢にはコレステロールの生成を抑制する働きがあります。

 

 

高血圧をお酢で予防する摂取方法と摂取量

 

◼︎摂取量

1日当たり、大さじ1杯で十分です。この量なら、少し料理に入れるだけで十分毎日とり続けられる量ですね。

◼︎摂取方法

特に制限や決まりはありませんが、胃の弱い方は空腹時は避け、飲む場合は10倍程度に薄めましょう。

 

高血圧はどのお酢が一番効く?

shutterstock_141376651

米酢、黒酢、リンゴ酢、バルサミコ酢…と、種類はいろいろですが、どの「お酢」でも、高血圧を解消する効果があります。その中でも、特に効果的な酢は『黒酢』です。体の中では、「アンジオテンシン変換酵素」という、酵素が、作用することによって、「アンジオテンシンⅡ」という物質が、作られて、血圧が上がります。黒酢は、他のお酢にくらべて、この「アンジオテンシン変換酵素」の働きを、抑える効果が高いことが、研究でわかっています。さらに、黒酢は、発酵、熟成することで、乳酸菌、麹菌、酵母や酢酸菌などの働きにより、8種類の必須アミノ酸などの成分や抗酸化作用を持つ成分が、他のお酢よりも、豊富に含まれているのも血管を強くし血液をサラサラにする効果がより高まっています。

 

高血圧をお酢で予防するには毎日欠かさず摂取することが重要

shutterstock_149515388

お酢には血圧を正常化する効果はありますが、持続性がありませんので、継続して毎日取るように心がけましょう。お酢は降圧剤と違って、副作用がなく、高血圧だけでなくて、疲労回復やコレステロールを下げる効果、また血をサラサラにする効果もありますし、1日の必要摂取量もわずか大さじ1杯程度。 食卓に常備したり、毎日飲む時間を決めるなどして効果的に高血圧を解消していきましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン