高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の定義とは?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧の基準値として、一般的には血圧計に表示される数値が用いられますが、そもそも高血圧の定義って何なのでしょうか?

高血圧の定義と高血圧との正しい向き合い方を解説していきます。

 

高血圧の定義と正常血圧

日本で血圧の定義として広く採用されているのが、日本高血圧学会による高血圧治療ガイドラインです。

血圧の異常域と正常域の境を140/90mmHgに置いていて、この値より数値が大きいほうへ離れるほど重症な高血圧と診断されますます。そして低い血圧には特に制限は設けておらず、年々血圧の正常値とされる数値は低くなってきています。

 

高血圧の定義と実際

shutterstock_325135580

 

日本高血圧学会のガイドラインでは、原則140/90mmHg以上の状態を高血圧とし、治療の対象となります。血圧をわかりやすく言うと、心臓から全身に血液を送り出しまた心臓に戻ってくるまでにかかる心臓の負担を数値化したものですので、もちろんひとつの重要な指標にはなりますが、基準値を超えているから必ずしも問題ではありませんし、状況によってはむやみに下げるほうが危険な場合もあります。

高血圧の原因として加齢による血管の硬化や心肺機能の低下もありますので、年齢が上がるほど血圧が高い状態になりやすいのはごく自然のことです。また、一定の血圧を保つことは全身に血液を循環させるために必要なことです。

単純にガイドラインの数値だけを基準に高血圧なので血圧を下げないと、と考えてしまうと血圧を下げることで体の循環が不十分になり、逆に体調を崩したり、他の病気にかかりやすくなってしまう場合もあります。

 

高血圧の定義と判断

shutterstock_72141622

もちろん高血圧は様々な病気の予備軍である場合が多いので、血圧の高さ、数値だけを問題視してしまいがちですが、治療で血圧を下げるべきかどうかの基準は、数値だけでは判断できない場合が殆どです。

自分の身体をよく知り向き合ってくれる信頼できる医師に相談し、血圧を正しくコントロールしていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン