高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧の塩分摂取量は?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧になると塩分を控えるように指導され、薄味の食事が推奨されます。また塩分の過剰摂取が血圧上昇の原因とも言われています。では、高血圧の人に適切な塩分摂取量は具体的に何g位なのでしょうか?具体的な塩分摂取量に合わせて、なぜ減塩対策が必要なのか、どのようにすれば簡単かつ効果的に減塩できるのかについて説明していきます。

 

高血圧対策に減塩が必要な理由

shutterstock_202811563
塩は、塩化ナトリウムが主成分なのですが、このナトリウムの摂りすぎが高血圧の原因になります。食事から摂取したナトリウムは血液中に取り入れられるのですが、塩分の摂りすぎで、血液中のナトリウムが増えすぎると、血液中の塩分濃度がこれ以上上がらないように、と水分で薄める作用が働きます。そうすると血中の水分が増え、血液の全体量も増加します。血液量が増加すれば、それを全身に巡らせるために強い圧力が必要となりますから、必然的に血圧が上昇します。これが塩分の過剰摂取で血圧が上がるメカニズムになります。通常は血圧が上昇すると、腎臓から水と塩分が効率的に排出されて、バランスを保つような機能があるのですが、過剰摂取が続くと身体の自浄機能が追いつかず、慢性的な高血圧へと繋がっていきます。

 

高血圧を予防するための塩分摂取量は?

shutterstock_103735202

高血圧の治療においては食塩制限が重要で,日本高血圧学会は1日6g未満を推奨しています。日本人の平均的な塩分摂取量は12〜13gですから、かなり意識して塩分を減らす必要があります。(ちなみにラーメン1杯で12以上の塩分が含まれています。)

 

高血圧対策今すぐできる減塩方法

shutterstock_223949194

お醤油小さじ1杯の塩分が約1gですので、調味料以外に塩分が含まれていなければ、かなり濃い味でもいけそうな気がするのですが、私たちが普段何気なく口にしている食品、特に加工食品やインスタント食品には、塩辛く感じなくてもかなりの塩分が含まれています。

そこにさらに調味料で塩分を加えると確実に塩分過剰になっているのが現代人の傾向です。

以下の点を特に意識し、できる限り塩分を控えるように意識しましょう。

1:麺類の汁は飲まない

2:味噌汁は具だくさんにして汁は控えめで満足感が出るように工夫する

3:加工食品、インスタント食品は極力控える

4:しょうゆや調味料はかけずに小皿に添えて、少しづつつけて食べる

5:スパイスや薬味などを上手に利用して塩分が少なくても満足できる工夫をする

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン