高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化をウォーキングで予防・改善!効果的なウォーキング方法とは?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化の予防や改善には運動が有効です。その中でも有酸素運動であるウォーキングが最も効果的といわれています。動脈硬化の予防や改善に数ある運動の中でも、ウォーキングが最も効果的な理由と、ウォーキングを行う際の注意事項に関して説明していきます。

 

動脈硬化にウォーキングが最適な理由

shutterstock_156361202

定期的な運動を行うことは、心肺機能を強化し、肥満の解消や予防につながりますので、動脈硬化を予防改善するためにも是非取り入れたい習慣ですが注意事項がいくつかあります。

動脈硬化というのは、血管が加齢や血管壁への脂肪の蓄積などが原因で硬くなったり、血管の通り道が狭くなったりして血液をスムーズに全身へ送ることが難しくなっている病的な状態を言います。

しかし、全身の細胞は血液によって運ばれる栄養や酸素を常に必要としていますから、血流を滞らせる訳にはいかないので、血管壁により強いある圧力をかけることでなんとか血流を全身に行き渡らせようとします。

つまり、血圧が高くなり心臓や血管に常に過剰な負担がかかっている状態と言えます。

その状態で激しい運動を行うのはとても重大なリスクを伴う場合があります。

そのため、動脈硬化に効果的な運動は、1日30分程度で、息の上がらない速さでのウォーキングやサイクリング、水泳などの有酸素運動となるのですが、中でもウォーキングは場所を選ばず、日常生活に取り入れやすいためとても継続がしやすくお勧めです。

 

動脈硬化に有効なウォーキングの方法と注意事項

心拍数や血圧が上がるような負荷は厳禁です。

具体的には以下の点を守ってください

1:おしゃべりが普通にできる位のスピードや距離までにし、決して無理はしないこと

2:開始前に血圧と脈拍を測定し、いつもより高かったり、低い場合は中止すること

3:途中で息が上がったり、少しでもおかしいと思ったら、すぐに中止すること

4:血圧と脈拍を常にモニタリングしながら行うこと

運動をしようとすると知らず知らずに強い負荷をかけてしまいがちです。

必ず専門家に相談し、しっかりと数値や自分の体と相談しながら行うことが何より重要です。

 

動脈硬化に運動はやっぱり効果的

shutterstock_109549085

動脈硬化の改善や予防に運動が有効なのは間違いありません。血管や心肺機能を強くし、血中の脂肪のバランスを整えたり、ダイエット効果も期待できるからです。

ただ上記の通り非常に怖いリスクがあるため、血圧管理と心拍数を管理しながら行うことが非常に重要となります。そして、一番大切なのは、継続することです。生活習慣を変える、つまり生活習慣の中に運動を取り入れることが一番の目的ですので、無理なくストレスなく続けらる方法を見つけていきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン