高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化にお茶を効果的に取り入れ改善する方法

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化にはお茶がよい

お茶で動脈硬化が改善する

というのはよく言われていることですが、

お茶が動脈硬化に効く理由と一番効果的なお茶の種類と飲み方について解説していきます。

動脈硬化に効くお茶の成分

shutterstock_270282275

動脈硬化にはお茶の「カテキン」と「テアニン」いう成分が効果的に作用します。

血中コレステロールを調節する働きが動脈硬化には有効に作用します。

また、血圧を下げる高圧作用と活性酸素の発生を抑制する候酸化作用に優れているという研究結果が出ていて、血圧上昇を抑制し、血管を丈夫に保つ効果が期待できます。

温かいお茶を飲むことによるリラックス効果や血管拡張効果でも血流改善や動脈硬化予防効果も非常に有効です。

 

動脈硬化に効くお茶NO1

shutterstock_300587603

カテキンやテアニンの含有量が多い緑茶が最も効果が期待できるお茶と言えます。

ダントツの一番はやはり、「緑茶」です。

その中でも若い芽のお茶にどちらの成分もより多く含まれていますので、若い芽の緑茶がお勧めです。

 

高血圧に効く効果的なお茶の飲み方

shutterstock_273068168

せっかく動脈硬化に効果のある成分を豊富に含むお茶ですから、成分を効果的に摂取できる飲み方をしたいものです。

ポイントは2つあります。

1:カテキンやテアニンを十分に抽出させること

2:温かいお茶をリラックスして飲むこと

カテキンは80℃以上のお湯で段階的に溶け出す性質を持っているのに対し、テアニンは非常に水に溶けやすく50℃からすぐに溶け出し始めます。

そのため、カテキンもテアニンもしっかり取りたい場合は、80℃以上のお湯で3〜5分程度かけてしっかり抽出したお茶の一杯目のお茶がお勧めです。

温かいお茶を飲んでリラックスし、体を温め、血管を拡張させて循環を良くすることも高血圧には効果的ですので、食後のリラックスタイムに温かいお茶を取り入れるのは非常に効果的だと言えます。

 

動脈硬化に効く緑茶以外のお茶

緑茶以外にも動脈硬化の予防や改善に硬化のあるお茶がありますので、好みや食事内容に合わせて選んでみましょう。

1:烏龍茶:脂肪排出硬化が高い

2:杜仲茶:中性脂肪改善、コレステロールの吸収抑制効果

3:ルイボスティー:老廃物を排出し血液サラサラ効果

4:プーアール茶:コレステロール吸収抑制効果

 

食生活の改善の一部として取り入れましょう。

緑茶のテアニン含有量は100gあたりにつき0.6~2g程度ですから、たとえば1日に200mgのテアニンを摂取するためには、湯呑み茶碗20杯分を飲む必要があります。

緑茶だけで、テアニンやカテキンの効果的とされる量を摂取するのは現実的に無理がありますので、あくまで外の食事療法と併用して、リラックスしながら飲む、憩いの時間に緑茶を利用するのが一番効果的でお勧めです。

またいくら脂肪やコレステロールの排出や吸収抑制効果があると言っても、そもそもの脂肪やコレステロールの摂取量が多過ぎればお茶を飲んでも全く問題解決につながりません。

食生活での脂肪の摂取を控えることと併せてお茶を硬化的に活用し、動脈硬化を予防、改善していきましょう。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン