高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化のリハビリ中止基準は?

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化には運動療法などのリハビリテーションが有効です。ただし動脈硬化がある場合には、心肺停止等のリスクもあるため、リハビリを行う際に血圧と脈拍の管理を行う必要があります。

動脈硬化の人の具体的なリハビリの中止基準について説明していきます。

必ず以下の基準を守り安全かつ効果的なリハビリを行いましょう。

 

リハビリを行わない場合

shutterstock_204190366

以下にひとつでも当てはまる場合は、原則リハビリは行わないでください。

1:安静時脈拍    120/分以上

2:拡張期血圧(下の血圧)    120mmHg以上

3:収縮期血圧(上の血圧)    200mmHg以上

4:労作性狭心症がある場合

5:約2週間以内に心筋梗塞を発症している場合

6:うっ血性心不全の所見が明らかな場合

7:心房細動以外の著しい不整脈がある場合

8:訓練前すでに動悸・息切れのある場合

9:発熱が38.5℃を超えている場合

 

リハビリを行っていても中止する必要がある場合

以下にひとつでもあてはまる場合は直ぐにリハビリを中止し、医師の指示を受けてください。

1:呼吸困難・めまい・嘔気・狭心痛などが出現した場合

2:脈拍数が140/分を超えた場合

3:1分間10個以上の期外収縮が出現する場合

4:頻脈性不整脈 (心房細動、上室性または心室性頻脈など)あるいは徐脈が出現した場合

5:収縮期血圧が40mmHg以上または拡張期血圧20mmHg以上上昇し た場合

 

リハビリを行っていても一旦中止し様子を見た方がよい場合

以下にひとつでもあてはまる場合はリハビリを中止し、安静にして回復を待ちましょう。しばらく待っても回復しない場合は直ぐに医師の指示を仰ぎましょう。

1:脈拍数が運動前の30%を超えた場合

2:脈拍数が120/分を超えた場合

3:拡張期血圧が110mmHg以上になった場合

4:収縮期血圧が190mmHg以上になった場合

5:胸痛等、狭心症症状の出現

6:1分間に10回以下の期外収縮が出現した場合

7:SpO2が90%以下に下がった場合

8:軽い動悸・息切れを訴えた場合

9:めまい・嘔気の出現。

 

 動脈硬化のリハビリや医師や専門家と相談しながら行いましょう。

shutterstock_72141622

動脈硬化のリハビリは、非常にリスクが高いので必ず医師や専門家の管理のもと行うようにしましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン