高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

降圧剤と納豆が併用できない理由

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

納豆は高血圧に効果的な成分がたくさん含まれているので、高血圧の改善や予防のためには毎日積極的に摂取したい食材です。

ただし、高血圧の治療のための降圧剤という血圧を下げるお薬を服用している場合は、その薬の種類によっては納豆は食べない方がよいのですが、納豆成分と効能の説明に合わせて、納豆の摂取を控えるべき降圧剤の種類について解説していきます。

 

高血圧に効く納豆の成分

納豆には、動脈硬化や高血圧の原因となる活性酸素を強力に抑える効果のある、イソフラボン、ビタミンE、アデノシン・ウルシル・トリプトファン、カタラーゼなどの抗酸化物質を豊富に含んでいます。

更に、血栓を溶かす効果のあるナットウキナーゼ、血管を柔軟にする効果のあるサポニン、悪玉コレステロール値を下げる効果のあるリノール酸、その他水溶性ペプチド、ビタミンK2、セレンなどの豊富な栄養素含み、高血圧や動脈硬化だけでなく様々な生活習慣病の予防や改善に効果的にな万能食品です。

 

納豆の摂取は控えた方がよい降圧剤とは?

shutterstock_70250746

降圧剤はいくつなの種類があるのですが、もしあなたが飲んでいる降圧剤が、

「ワルファリンカリウム」または「ワーファリン」という血液凝固阻止剤の場合

納豆の摂取は控えてください。

理由は、ワーファリンは血液が固まるのを防ぐ目的のお薬で、血液が固まる因子を減らし血栓ができるのを予防する目的で投与されますが、納豆に豊富に含まれるビタミンK2により薬の効果が減弱することがわかっているためです。

ビタミンK2を豊富に含む食品は納豆だけでなく、海藻、青汁、クロレラ、カブラ菜、キャベツ、ホウレンソウ、レタスなどもありますので、合わせて注意が必要です。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン