高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧が肥満の人に多いのはなぜ?

2016.02.09

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧は生活習慣や生活環境が主要な原因です。

肥満も生活習慣が原因であり、肥満は高血圧の改善や予防を考えていく上でも好ましい状態ではありませんし、高血圧の治療には肥満の改善も必ず含まれてきます。

高血圧がなぜ肥満の人に多いのか、なぜ肥満の解消が高血圧の予防や改善に有効なのかを解説していきます。

 

高血圧に影響する肥満とは?

shutterstock_165782102

脂肪には、皮下脂肪が溜まる「皮下脂肪型肥満」と内臓に脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満」がありますが、高血圧、つまり心臓や血管の病気と特に関連する肥満は、内臓に脂肪が溜まる「内臓脂肪型肥満」です。内臓、つまりお腹に脂肪が溜まるため、リンゴ型肥満とも言われます。肥満の判定基準は、腹囲が男性で85cm、女性90cm以上です。

 

高血圧と肥満の関係

shutterstock_176150579

高血圧が肥満の人に多い理由は以下のとおりです。

1:内臓がスムースに働けない

内臓が収まる場所はお腹の中の一定のスペースしかありませんので、内臓脂肪が増えるということは、内臓のスペースを脂肪が奪うことになりますので、内臓や細胞間で栄養や酸素を含んだ血液を運んでいる血管も圧迫されます。

十分なスペースがない状態でも内臓は休むことができませんから、なんとか動こうとします。そのためには血流量を増やす必要が出てきますので、血圧を上昇させざるを得なくなるのです。

2:血中脂肪が多い

肥満ということは、血中の中性脂肪やコレステロール値が高く、いわゆる血液ドロドロの状態です。

サラサラの血液を循環させるより、ドロドロの血液を循環させる方が必要な圧力は高くなりますので、血圧が上がります。

3:過食や塩分摂取過多

肥満の人が行いがちな過食や塩分の過剰摂取も血圧を上昇させます。

 

肥満だと高血圧になるリスクが3倍に

shutterstock_124337797

正常体重の人に比べ、肥満の人が高血圧にかかるリスクは3倍にもなると言われています。

肥満を解消することは、高血圧だけでなく、他の病気のリスクも大幅に軽減させますし、肥満を解消することは、そのまま高血圧の予防や改善につながりますので、肥満、特に内蔵型肥満の場合は、すぐに食生活の改善や生活習慣の改善を行い肥満を解消していきましょう。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン