高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化治療の症状別分類

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化治療は過剰なエネルギー摂取を控える、バランスの取れた食事をとる、アルコール摂取制限などの食事療法や血圧や脈拍管理を行い症状に合わせた運動療法が最も効果的ですが、食事療法や運動療法で効果がみられない場合や症状が進行していて合併症や生命のリスクがある場合は薬物療法や手術が併用される場合もあります。動脈硬化治療を症状別に分類しました。

 

動脈硬化の自覚症状がなく検査結果も問題ない場合

shutterstock_204190366

特に現在問題が出ていなくても、予備軍の可能性がありますので、定期的に血圧測定や血液検査を行い数値に変動がないかみていくことで継続的な予防につながります。

 

自覚症状はないが検査所見に問題がある場合

shutterstock_185128070

高血圧、高脂血症、糖尿病、心臓血管疾患と診断されたことがあったり、血液検査をした際に中性脂肪や悪玉コレステロール値が高いなどの異常所見が出ている場合は、すぐに食事療法と運動療法を開始する必要があります。

また病院で詳細な検査を行い現在の血管の状態を数値や視覚で確認することで今後の治療方針を明確に立てることができます。

しばらく食事療法や運動療法を継続しても効果がみられない場合や、合併症や生命のリスクがある場合には薬物療法が併用される場合があります。お薬は悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やし危険因子を減らしていく目的で処方されます。

 

自覚症状がある場合

shutterstock_212610454

症状に対する対処療法(薬物、手術、食事、運動療法)と合併症や二次的障害を予防するための治療(薬物、手術、食事、運動療法)が併用されます。基本的に動脈硬化の症状が自覚できる=非常に危険な状態であると考えらえますので、強い薬物や手術の適応となる場合もありますし、最悪生命の危機に関わることもあります。

 

動脈硬化は予防が一番効果的

shutterstock_72141622

以上の通り、動脈硬化は進行し、症状が出てしまってからだと非常に治療が大変になりますし、生命や合併症のリスクも伴います。

症状が出ていないうちから、検査を行い、医師に相談しながら、食生活を中心とする生活習慣の改善を行い、血管を丈夫で元気な状態に保つ努力をしていくことを強くお勧めいたします。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン