高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高血圧ガイドラインを知って高血圧を予防しよう!

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

高血圧は、脳卒中、心筋梗塞など死に直結する可能性があるので、もし高血圧だと診断されたのなら、今すぐにで食生活や生活習慣を改善し、血圧を正常値に近づける努力が必要です。

ここでは、そもそも高血圧がどんな基準を持って診断されるのか、そして高血圧の原因には何が考えられ、どのような治療が行われるのか、そのガイドラインをわかりやすく簡潔に解説したいと思います。

 

高血圧の診断基準

shutterstock_114967678

成人における高血圧の基準が明確に定められていて、一般的には以下の指標が目安になります。

安静時(運動など行っていないリラックスした状態)での血圧が

収縮期血圧(いわゆる高い方の血圧)が140以上

拡張期血圧(いわゆる低い方の血圧)が90以上

の場合、高血圧と診断されます。

運動や一ストレスなどで一時的に血圧が上昇するのは、正常な反応ですので、安静時の血圧を基準としましょう。

 

高血圧の原因と高血圧が危険な理由

shutterstock_304032386

高血圧の原因には様々なものがありますが、すべてにおいて共通して言えることは、高血圧、つまり血圧が正常より常に高い状態とは、心臓が全身に血液を送る際に過剰な負担を強いられている状態であるということです。

現代人の多くの高血圧の原因は、動脈硬化(血液がドロドロで血管壁に不要物が溜まり血流が悪くなっている状態)です。

綺麗な水をつまりのないホースで流すためには余計な力は不要ですが、つまりのあるホースにドロドロと汚れの多い水を流そうとおもったら相当な水圧が必要となるのと同じことですね。

高血圧の状態を放置するということは、ずっと心臓と血管に過剰な負担をかけ続けているのと同じなので、いつ血管が破裂したり、心臓が悲鳴をあげて止まったりしてもおかしくはないのです。

 

高血圧の効果的な治療法

shutterstock_133872140

高血圧の原因が生活習慣による動脈硬化の場合、一番効果的な治療方法は、運動や食生活改善を含む生活習慣の改善です。

緊急や応急処置のため、降圧剤と呼ばれる血圧を下げる薬や抗凝固薬、抗血小板薬のような血液をサラサラにする効果のある薬が有効な場合もありますが、薬は副作用もありますし、飲み続けることで自信が本来持っている血圧調整機能を低下させてしまい、更なる病気の原因にもなりかねないので、極力薬に頼らなくてもよいように、早期から自分の血圧をしっかりコントロールし、高血圧を予防していくことが一番効果的な方法になります。

 

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン