高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化の前兆とは?意外な症状からわかるあなたのリスク

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化は、脳梗塞や心筋梗塞の主要な原因です。しかし、重篤な状態になるまで、自覚症状がないのでなかなか予防や対策をする気になれない、というのが問題のひとつになっています。

脳梗塞や心筋梗塞はある日突然やってくるのではありません。あなたの身体は少しずつ少しづつ危険な方向へ向かっているのです。そして、あなたが大したことないと思っているその症状は動脈硬化の前兆である可能性があります。

 

動脈硬化の自覚症状が出ている=手遅れです

shutterstock_233573320

 

動脈硬化は非常に重篤な病気や直ぐに死につながる可能性のある、今直ぐ改善しなければならない状態なのですが、実際手遅れレベルにならないと、自覚症状というのは出てきません。

医療が発達したとはいえ、手遅れの状態を完全に救うことはできませんので、自分で予防していくことが何より大切なのですが、実際に自覚症状がないとなかなか行動には移せないもの。でも、実は初期の段階から身体はあなたに危険信号のサインを送っています。ただ、それは大したことない、と見過ごしがちなものだったのです。

 

動脈硬化によって起こる身体の変化

shutterstock_185128070

 

動脈硬化はひとことで言ってしまえば、ドロドロの血液のカスが血管の壁にこびりついて、血液の流れが悪くなっている状態です。

イメージしやすいように、血液を水、血管をホースに例えてみます。綺麗な水が流れているホースは詰まることもないし、ずっと同じ勢いで水を放出してくれますが、ドロドロのお水を流しているホースはどんどんホース内にゴミが溜まっていくので、水の流れが悪くなり、最終的には目詰りして水が流れなくなりますよね。血管は全身に酸素や栄養をを運ぶホースのような役割をしていますので、その血管が詰まる、血液が流れにくくなるというのがどれだけ恐ろしいことか想像に難くないと想います。

身体は常に一定の酸素や栄養素が血液によって運ばれ循環することによって正常な機能を保てる前提で成り立っていますので、血管の一部が詰まるだけでも全身に悪影響が生じるのです。

 

動脈硬化の意外な前兆

shutterstock_273587306

 

前兆①【肩コリ】

 

同じ姿勢を続けることで、血液の循環が悪くなることによって起こるのが一般的ですが、動脈硬化の前兆も同じように血流が悪くなっていますので、この肩コリも動脈硬化の前兆として現れることがあります。

特に左肩にのみ強い肩コリを感じる場合やそれに伴って喉、腕、肩なのにしびれや痛みを感じる場合などは心筋梗塞などにつながるリスクが非常に高いので、たがか肩コリ、と自己判断せずに、専門医を受診されることをお勧めいたします。

 

前兆②【末端部のシワや冷感】

 

冷え性などの場合も末端まで血液が届かず、手先や足先が冷えたり、意外な場所では耳たぶのシワが増えたりしますが、動脈硬化でも血液の流れがスムースではなくなるので、末端の細い血管(毛細血管)まで血液が十分に流れにくくなるため、上記と類似する症状が現れます。特に耳たぶはたくさんの毛細血管がある場所ですので、一度チェックしてみることをお勧めいたします。

 

前兆③【倦怠感やイライラ】

 

倦怠感(なかなか疲れが取れない状態)が続いたり、イライラしたり、のぼせることが多かったり、疲れやすくなったり、太りやすくなってきた、なども全身的な機能低下はすべて動脈硬化の前兆である可能性が高いです。

毎日の習慣の積み重ねで動脈硬化はどんどん悪化していきますが、逆に毎日の習慣でどんどん改善させていくこともできますので、重篤な自覚症状が現れる前に一度生活習慣や食習慣を見直し、血液をサラサラにするように努力していくことを強くお勧めいたします。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン