高血圧を改善して豊かな毎日を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動脈硬化予防に効果的な【7つの習慣】

→ 〇〇を変えて高血圧を改善!

動脈硬化を予防、改善するためには、定期的な検査で、肝臓をチェックして、生活習慣を改善して行くのがポイントです。特に生活習慣の改善は重要になってきますが、そのなかでも動脈硬化を予防のためには、食事を行ったら良いのでしょうか?

 

1、EPAを摂取する

 

shutterstock_116648803

EPA(エイコサペンタエン酸)は、青魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸です。EPAは、血液を固まらないようにする「抗血栓作用」や血液の粘着を減らす「血液粘度低下作用」があり、血液の流れを良くし、動脈効果を予防してくれます。EPAが多く含まれる青魚を摂取するようにしましょう。

EPAを含む青魚:本まぐろ /まだい /ぶり/ さば/ さんま/ まいわし/ あじ/ かつお/ かれい

 

2、葉酸を摂取する

 

shutterstock_177390116

また、葉酸の多い食品を摂取することが、予防と改善につながります。葉酸を多く含む食材を積極的に食事に取り入れるようにしましょう。 葉酸が不足すると、ホモシステインという物質が増加し、動脈硬化を誘発するおそれがあるそうです。葉酸を摂取することによって、動脈硬化を予防することにつながります。

葉酸を多く含む食品焼き海苔 1900μg /味付け海苔 1600μg 岩海苔 1500μg /鶏レバー(生)/煎茶 1300μg /かわ海苔 1200μg /牛レバー(生) 1000μg /豚レバー(生) 810μg /まつも 720μg /板わかめ 510μg /うなぎの肝(生) 380μg /菜の花 340μg /枝豆 320μ /バジル 290μg /モロヘイヤ 250μg /芽キャベツ/しいたけ(乾燥) 240μg /マイタケ(乾燥) 220μg /ほうれん草/ブロッコリー/あさつき210μg /よもぎ 190μg /よもぎ 190μg  

 

3、栄養の摂取しすぎない

 

shutterstock_320366900

栄養の摂りすぎは、肥満の原因になります。多い肉など動物性脂肪の食べ過ぎに注意しましょう。

 

4、適度の運動とストレス発散

 

shutterstock_57197020

ストレスは血圧に、大きく影響を与えます。楽しくカラダを動かすことは、メンタルのストレス改善に確実につながります。また、有酸素運動をすると、血流が良くなり、血管が広がりやすくなります。血液の流れが良くなるので、血管を傷つけにくくなり、動脈硬化を予防できます。

 

5、規則正しい、充分な睡眠で、しっかり休息をとる事を心がける

 

DMA-IMG_8823

睡眠不足は動脈硬化の原因になります。ある研究によると、1日の平均睡眠時間が、5時間未満の人の中で、27%が動脈硬化の兆しが見られるそうです。平均睡眠時間が5〜7時間の人は、11%で、7時間以上の人は、6%の兆しが見られます。したがって、7時間以上の睡眠を心がけましょう。

 

6、塩分・アルコール・タバコは控える

 

shutterstock_202811563

塩分を過剰摂取すると、血圧を上昇させます。また、大量のお酒(アルコール)、そして喫煙は、血管を収縮させ、動脈硬化を促進させます、改善のために、禁煙をしましょう。   習慣として、こまめに体重や・血圧を測る癖をつけて、自己管理を心がけていきましょう。

 

7、定期的な検査や健診を受ける

 

shutterstock_151002419

定期的な検査や健診で血圧、総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロールの値などを検査動脈硬化の定期診断チェックすることで、動脈硬化を予防ができます。

\   SNSでシェアしよう!   /

関連記事

血圧が下がらない人必見!

藤城式高血圧改善食事法

藤城式高血圧改善食事法の評判を口コミやレビューから検証

”食事制限”も”運動”も”薬”も必要なし!

福辻式高血圧下げるストレッチ法

【実践レポート】福辻式高血圧ストレッチDVDの効果と口コミが凄い!

ツボは高血圧に効果があるのか検証!

キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVD

【実践レポート】キュースーエ(邱淑惠)高血圧改善DVDの効果が凄い

Facebookタイムライン